永田崇人・阿久津仁愛・佐藤アツヒロ出演!「プラネタリウムのふたご」来年2月に上演 | TV LIFE web

永田崇人・阿久津仁愛・佐藤アツヒロ出演!「プラネタリウムのふたご」来年2月に上演

エンタメ総合
2020年08月28日

6月から上演を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため公演延期となった音楽劇「プラネタリウムのふたご」。2021年2月に延期公演の開催が決定した。

2004年に三島由紀夫賞候補にもなった、いしいしんじの心温まる同名小説を、ウォーリー木下の演出により音楽劇として初めて舞台化した本作。主人公は、星の見えない村にあるプラネタリウムで働く、星の語り部の男に拾われたふたごの兄弟。2人は彗星にちなんでテンペルとタットルと名付けられ、1人は手品師に、1人は星の語り部へと成長していく。

このふたごを演じるのは、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」など舞台での活躍が注目されている永田崇人と、ミュージカル「テニスの王子様」3rdシーズンで主人公・越前リョーマ役を演じ続けてきた阿久津仁愛の2人。成長して手品師となるテンペルには永田、星の語り部を引き継ぐタットルには阿久津が扮し、W主演を務める。

そして、この2人を育て上げる“泣き男”と呼ばれる星の語り部を演じるのは、実力派俳優の佐藤アツヒロ。そのほかのキャストはスケジュールを改めて調整中とのことだが、数名を除いて概ね当初発表されていたキャストの出演が叶うそうだ。

演出のウォーリー木下は「つながる音楽劇『麦ふみクーツェ』〜everything is symphony!!〜」でも、いしいの作品を原作に脚本・演出を務めており、いしい作品の舞台化は2作目となる。1作目で掘り下げた“いしいしんじワールド”をより深化させ、新たな音楽劇を創り出してくれることだろう。今後の続報からも目が離せない。

<公演情報>

音楽劇「プラネタリウムのふたご」
公演日程:2021年2月

会場:東京、大阪
出演:永田崇人 阿久津仁愛/佐藤アツヒロ ほか

原作:いしいしんじ(講談社文庫)
演出・脚本:ウォーリー木下
音楽:トクマルシューゴ
作詞:森雪之丞

企画・製作:キューブ/サンライズプロモーション東京

公式HP:https://www.planetarium-twins2020.com/

©cube2020