佐藤健がパフォーマー・美術教師・小児科医に3変化!「docomo5G」新CM放映開始 | TV LIFE web

佐藤健がパフォーマー・美術教師・小児科医に3変化!「docomo5G」新CM放映開始

エンタメ総合
2020年10月09日

俳優の佐藤健をイメージキャラクターに起用した「donomo5G」の新TVCM「docomo5G 希望を加速しよう 2nd」篇が、10月9日(金)より全国で放映開始。さらに、King Gnu書き下ろしの新曲「千両役者」が起用されていることも発表された。

本CMは、ダンスパフォーマー・美術教師・小児科医の3役に扮した俳優の佐藤健が、それぞれの役をスマートにこなしながら、5Gの異次元のスピードの速さや5Gが可能にする新しい世界を伝えていくという内容だ。

「エンタメ(マルチアングル舞台)」「エデュケーション」「遠隔医療」という3つの物語から構成されており、コンテンポラリーダンスのパフォーマンス、白衣に袖を通した姿、役者人生初という美術教師役と、それぞれで違う佐藤の魅力を楽しむことができる。

さらに、本CMにはKing Gnu書き下ろしの新曲「千両役者」が起用されていることも発表。映像に迫力ある彼らのサウンドが掛け合わさることで、スピード感のある5Gの世界をより壮大に感じることができるだろう。

冒頭の「エンタメ」シーンでは、ダンスパフォーマンスグループ・s**t kingzのメンバーに囲まれながらも、プロのダンサーに劣らない華麗なダンスを披露している佐藤。激しいダンスの合間にも彼らと笑いながら会話するなど、和やかな雰囲気で撮影は進み、合間には振り付けを確認したりと練習にも余念がなかったそうだ。

続く「エデュケーション」シーンでは、子どもたちとも「よろしくお願いします」と嬉しそうに挨拶を交わしていたという。しかし、カメラがまわると一瞬で美術教師の顔になり、穏やかな笑顔と声色で5Gの世界を子どもたちに伝えていく。

そして「遠隔医療」シーンでは、白衣に身を包み優しく笑顔を浮かべる医者に。何もない空間に突如現れるタッチパネルを操作するスマートな姿からは、発展していく遠隔医療技術の実現を想像できる。佐藤の多才さやその表現力をうかがい知ることができる本CMに注目だ。

<動画>

「docomo 5G 希望を加速しよう 2nd」篇(エンタメ+教育+遠隔医療)

<CM情報>

「docomo5G 希望を加速しよう 2nd」篇
2020年10月9日(金)放映開始
放映地域:全国(一部地域を除く)