生田斗真、中山優馬、藤原さくらがゲキ×シネ『偽義経冥界歌』の臨場感に太鼓判「汗の一粒も見えるくらい鮮明」 | TV LIFE web

生田斗真、中山優馬、藤原さくらがゲキ×シネ『偽義経冥界歌』の臨場感に太鼓判「汗の一粒も見えるくらい鮮明」

エンタメ総合
2020年10月22日

ゲキ×シネ『偽義経冥界歌』舞台あいさつ

10月24日(土)より公開されるゲキ×シネ『偽義経冥界歌』の舞台あいさつ&ドルビーシネマ特別先行上映が10月21日に行われ、生田斗真、中山優馬、藤原さくらが登壇。本作への想い、またドルビーシネマの臨場感などを熱く語った。

本作は、2019年に大阪、金沢、松本公演を行い、2020年に東京、福岡公演を予定していたものの、コロナ禍により東京は一部中止、福岡は全公演中止に。これを受けて、公演を見ることができなかった東京と福岡のファンにも作品を届けたいという思いから、ゲキ×シネとして劇場で上映される。

また、ゲキ×シネ史上初、映像・音響・シアターデザインに力を入れた没入感あふれる「究極のシネマ体験」と称される「Dolby Cinema〓(ドルビーシネマ) 」での上映も決定した。

「偽義経冥界歌」のモチーフは“奥州三代”と“義経黄金伝説”。源義経が奥州にかくまわれていたという史実をベースに、奥州三代の盛衰の行方も絡めつつ、中島かずき脚本ならではのファンタジーもちりばめたストーリーが展開される。

主人公の偽義経<源九郎義経・みなもとのくろうよしつね>を演じるのは、新感線に4度目の出演となる生田斗真。華やかで魅力的な源九郎として、そして座長としても作品を引っ張る。共演には、りょう、中山優馬、藤原さくら、粟根まこと、山内圭哉、早乙女友貴、三宅弘城、橋本さとしらが顔をそろえる。

ゲキ×シネ版では、新感線ならではの笑いたっぷり、殺陣、アクション満載の王道エンターテインメントを、映像・音声ともにスクリーン用に編集・ミックス。洗練されたクオリティと臨場感あふれる映像を、映画館の大スクリーン&高音質で体感することができる。

登壇者コメント

生田斗真

ゲキ×シネ『偽義経冥界歌』舞台あいさつ

作品の主人公、偽の義経を名乗る奥華玄久郎国衡(おうがのげんくろうくにひら)は、バカで情熱的でとても強い、劇団☆新感線らしいヒーロー像で描かれています。2019年の公演から1年を経て、2020年はキャストも少し変わったり、みんなで意見を出し合ったりしながら創りました。
2019年は、大阪・金沢・松本で公演を行い、2020年は東京と博多での公演を予定していましたが、皆さんもご存じの通り、東京は途中で公演中止、博多公演は一度も公演できず、僕たちも悔しい思いをしましたし、約3万人の方が公演を観られなかったそうです。3月の東京公演の時から、中止になるのか、続けられるのか、毎日不安でいっぱいでしたが、3月19日には奇跡的にライブビューイングをすることができて、赤坂ACTシアターの僕たちと全国の映画館で観てくれている皆さんがつながることができました。
今、巷で話題の映画ではアニメのキャラクターがバンバン戦っていますが、このゲキ×シネ『偽義経冥界歌』では、人間がバンバン戦っています!アニメも面白いけれど、人間が生で演じる演劇はもっといいぞ!!
ゲキ×シネとしては初めてドルビーシネマ、汗の一粒も見えるくらいの鮮明な映像と、実際に矢が飛んでくるのではないかというほどの迫力の音で、臨場感を感じていただけると思います。ドルビーシネマ自体はまだ全国に7館ほどしかないようですが、もしドルビーシネマのお近くにお住まいの方は、ぜひこの臨場感を体感しに行ってください!

中山優馬

ゲキ×シネ『偽義経冥界歌』舞台あいさつ

劇団☆新感線には初めて参加しましたが、すごく人気の劇団なのにすんなり受け入れてくださってうれしかったのと、先輩の(生田)斗真くんの存在はとても心強かったです。稽古から全力な姿を見せられ、勉強させてもらいました。
稽古中や、最初は地方公演からだったので、みんなで食事に行ったりして楽しかったのですが、(コロナ渦で状況が変わり)今思えばあれはとても貴重なことだったんだなと感じます。ご覧になれなかった方が多くおられた中でも、たくさんの出演者、スタッフさんが関わっている作品なので、こうしてゲキ×シネになって全国の皆さんに観ていただけることが、とてもうれしいです。
僕もドルビーシネマに観に行きますので、皆さんもぜひ映画館お楽しみください!

藤原さくら

ゲキ×シネ『偽義経冥界歌』舞台あいさつ

舞台出演が初めてだったのに、これまでずっとお客さんとして観ていた劇団☆新感線に参加することになり、最初のころはすごく緊張しました。でも、劇団☆新感線のみなさんには舞台の初歩から教えてもらい、とても感謝しています。残念ながら全公演中止になってしまった博多公演は、私の地元でもあったので、家族がみんなチケットを買ってくれていたのですが、中止が決まった後に演出のいのうえさんが博多座で最後の通し稽古をしてくださり、そこへ家族も呼んでいいよと仰ってくださったので作品を観てもらうことができました。
ひと足早くゲキ×シネになった『偽義経冥界歌』を見たのですが、細部の細部まで作りこまれていて、音も迫力があって、臨場感を感じられるので、素晴らしいものを見た!!と感じていただけると思います。自信をもって見てもらいたい!と思える作品なので、たくさんの方に観ていただきたいです。

作品情報

ゲキ×シネ 『偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)』
作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:生田斗真/りょう 中山優馬 藤原さくら/粟根まこと 山内圭哉 早乙女友貴/三宅弘城/橋本さとし 他

日時:2020年10月24日(土)
会場:新宿バルト9他、全国(ドルビーシネマ含む)で公開
チケット:各上映館で発売 価格:¥2,000(税込)
※ドルビーシネマ及びドルビーアトモスの料金は上映館の規定による。
※特別興行料金につき、各種割引、招待券や無料鑑賞券等は適用不可。

WEB:http://www.geki-cine.jp/sp/niseyoshitsune/

配給:ヴィレッヂ/ティ・ジョイ
著作:東京グローブ座/ヴィレッヂ

©東京グローブ座/ヴィレッヂ