Creepy NutsのただならぬHIPHOP愛に迫る『情熱大陸』11・15放送 | TV LIFE web

Creepy NutsのただならぬHIPHOP愛に迫る『情熱大陸』11・15放送

エンタメ総合
2020年11月14日

Creepy Nuts

11月15日(日)放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系)は、HIPHOPユニットのCreepy Nutsに迫る。

現在、映画、ドラマ、バラエティ、ラジオなど、あらゆるメディアに引っ張りだこのHIPHOPユニットのCreepy Nuts。

MCを務めるR-指定は、日本最高峰のMCバトルで3連覇を達成。またDJ松永も、2019年にロンドンで行われたDJ世界一を決める大会で優勝。業界屈指のスキルを持つこの2人だからこそ実現できる、唯一無二のライブパフォーマンスでファンを魅了している。

番組では、それぞれの得意技を紹介しながら、人気の秘密に迫る。日本一に輝いたR-指定のフリーラップのパフォーマンスは圧巻。また、DJ松永が世界を制した超絶技巧の一端も披露する。

もともとR-指定が大阪、DJ松永が新潟と別々に活動していた2人だが、全国の10代のDJ・ラッパーを集めるイベントで出会い、意気投合。友達という関係から、どちらかが組もうと言うこともなく2013年に「Creepy Nuts」を結成。誰もが認める実力を持っているのにもかかわらず、2人は至って謙虚。世間的には不良なイメージが強いHIPHOPPERだが、2人とも「お酒が飲めない」「腰が低い」という特異なキャラがお茶の間に受けている。

そんな2人のHIPHOPへの偏愛っぷりは周囲を驚かせる。ラップが好き過ぎて大学を除籍になったR-指定と、DJが好き過ぎて高校を中退したDJ松永。HIPHOP愛がひときわ強い2人の魅力に迫る。

<HIPHOPユニット/Creepy Nuts プロフィール>
R-指定:1991年、大阪府堺市生まれのラッパー。中学1年生の時に日本語ラップと出会い、高校2年生で足を踏み入れた梅田サイファーの影響でMCバトルやライブ活動を開始。2012~2014年には日本最高峰のMCバトルUMB GRAND CHAMPIONSHIPで3連覇を達成。洋服には無頓着、トレードマークの黒のTシャツは友達やマネージャーからもらったもの。

DJ松永:1990年、新潟県長岡市生まれのDJ・トラックメイカー・ターンテーブリスト。
高校中退後、地元のレコード店でバイトをしながらDJ活動を開始。2019年にロンドンで行われたDMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2019で優勝し、世界一のDJとなる。最近の悩みは、「!」マークは何個つけるべきかと、ラインを打つのに半日かかってしまうこと。

2013年にHIPHOPユニット「Creepy Nuts」として活動を開始。
2017年にシングル『高校デビュー、大学デビュー、全部失敗したけどメジャーデビュー。』でメジャーデビュー。2019年にミニアルバム『よふかしのうた』をリリースし、その年の全国ツアーをソールドアウト。今年の11月には武道館でのライブを敢行。音楽活動に留まらず、『オールナイトニッポン0』のレギュラーパーソナリティや、バラエティ番組・ドラマ・映画など、活躍は多岐に渡
る。

©MBS