『王様のブランチ』リポーターでも活躍中!小室ゆらが公式YouTubeチャンネル開設

エンタメ総合
2021年03月11日

TBS『王様のブランチ』でリポーターを務めるほか、女優やモデルとしても活動中の小室ゆらが、自身の25歳の誕生日に公式YouTubeチャンネル「小室ゆらのがくしゅうちょう」を開設。初回動画を配信した。

記念すべき第1回目の動画は、冒頭から「みなさん今日が何の日かわかりますか? 私の誕生日です! イェーイ」とテンション高くクラッカーを鳴らすなど、大盛り上がりの様子でスタート。その後、まずは簡単な自己紹介と、25歳を迎えた小室が今後の叶えたい夢をフリップに書いていく。

まず1つ目として、子どもの頃から願っていた「朝ドラに出てみたい」という夢を挙げたのに続いて、「群馬県出身なので、キラキラしたところに憧れる!」という理由で「港区に住みたい」という願望についても語る。

だが、港区の“港”の漢字を間違えていることをスタッフからツッコまれると、自分が書いた漢字を指さしながら「え…じゃあこれは何ですか?」と少し天然な姿を見せた小室だったが、その後も笑顔で目標について話していった。

その次は自身が抱える悩みとして、「貯金がない」「仕事がない」「センスがない」などを続々と挙げていく。周りの友だちは20代のうちから老後や家を買う資金としてお金を貯めている人が多いのに、今の自分には貯金がないという状態に危機感を感じているという彼女。いつもの笑顔とはまた違うシリアスな表情で、現実的な悩みを告白する場面も。

「仕事がない」という悩みについては、「地元(群馬)のアルバイトは芸能活動を許してくれないんです」とリアルな現状を吐露。悩みを一通り話すと、オープニングの楽し気な様子から打って変わり、「こんなに自分に足りないものがあったのかと痛感します」と悲しげな様子ですっかりテンションが下がってしまう。

落ち込んでいるところにスタッフから「(小室の現状を)良くしていくチャンネルにしよう!」と告げられると、「願ったり叶ったりです!」と笑顔を見せて喜んだ小室。動画の最後には、自身が考案したチャンネル名を発表する模様も収められている。

今後、同チャンネルでは、小室がお金や投資など学校では教わらなかった金融について学ぶ様子や、金融リテラシーを上げていくプロセスなど、大人の嗜みを身に着けていく様子を配信していく予定とのことだ。

小室ゆら コメント

こんにちは。はじめまして。小室ゆらです。
この度、YouTubeチャンネルを開設させていただくことになりました! 以前から挑戦してみたかったことなので、今回その機会をいただける運びとなりすごくうれしいです。
大きなテーマが「大人の嗜みを学ぶ」ということで、このチャンネルを通して素敵なオトナに成長していけたらなと思っております!
「素」の小室ゆらで撮影しているので、私を応援してくださっている方にも、初めましての方にも幅広く楽しんでいただけるかと思います。
ぜひぜひご覧ください〜!

動画

初回配信動画

WEB

「小室ゆらのがくしゅうちょう」:https://www.youtube.com/channel/UCsAaAhNjdGf4duyjkeJ9ISg