日向坂46影山優佳が人気サッカーゲーム「FIFA 22」日本アンバサダーに就任【コメントあり】

エンタメ総合
2021年09月28日
影山優佳

日向坂46の影山優佳が、10月1日(金)に発売される人気サッカーゲーム「FIFA 22」の日本アンバサダーに就任した。

「FIFA 22」では、HyperMotion Technologyにより、現実のピッチ上のあらゆる瞬間を実際のサッカーさながらに描写。シュート、クロス、トラップなどのシーンでオンザボールとオフザボールを問わず、あらゆる選手の動きをリアルに再現し、次世代デジタルサッカーを楽しむことができる。

両親がサッカー好きというところから、自身のブログや、出演番組等で深いサッカー愛を表現している日向坂46の影山。今回「FIFA」シリーズ最新作となる「FIFA 22」の日本アンバサダーに就任し、さまざまな企画やイベントで日本の「FIFA 22」を盛り上げていく予定となっている。

影山優佳 コメント

この度、「FIFA 22」日本アンバサダーという大役を任せていただくことになりました。いつも楽しみながらプレイさせていただいているFIFAを、今度は私が魅力を発信する立場ということで、楽しむ部分は変わらず、この楽しみを皆さんにいかに共有できるかというところが今回私の頑張るべき部分だと思っております。なので、皆さんと「FIFA 22」を通して、このゲームの魅力、そしてサッカーの魅力を共有・交流しながら、「FIFA 22」とサッカー界を盛り上げていけるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします!

この記事の写真