平間壮一&小関裕太をレスリー・キーが撮り下ろし「The View Upstairs-君が見た、あの日-」メインビジュアル解禁

エンタメ総合
2021年10月07日
「The View Upstairs-君が見た、あの日-」

平間壮一主演、小関裕太らが共演するミュージカル「The View Upstairs-君が見た、あの日-」(2022年2月1日(火)開幕)より、写真家・レスリー・キーによる撮り下ろしメインビジュアルが公開された。

本作は、ニューオリンズにある「アップステアーズ・ラウンジ」という同性愛者クラブで1973年に実際に起きた未解決事件“アップステアーズ・ラウンジ放火事件”を基にした物語。ブロードウェイ新進気鋭の若手作家、マックス・ヴァーノン作・作詞・作曲で、2017年にアメリカ、オフブロードウェイで初演、その後世界各地で上演された。2018年にはオーストラリア、シドニーで初海外プロダクションが開幕、2019年にはロンドン版も上演され、ついに日本初演を迎える。

主人公で、現代から突然1973年にタイムスリップしてしまう若きデザイナーのウェス役に平間。突如現れたウェスに興味を持ち、次第にひかれていく若い男娼パトリック役を小関が演じる。

女性と結婚して子供もいる“クローゼット”のゲイ・バディを畠中洋、フレディの母親でシングルマザーのイネズ役をJKim、昼は建設作業員、夜はラテン系ドラァグクイーンのオーロラとしてパフォーマンスをしているフレディ役を阪本奨悟、受け入れられることに飢えた孤独な男娼でホームレスのデール役を東山義久。経験豊富でゲイバーの皆のメンターのような存在の黒人男性ウィリー役で岡幸二郎で出演。

また、関谷春子、大村俊介(SHUN)、大嶺巧ら歌・ダンスの実力を兼ね備えた俳優陣が結集。演出は訳詞・翻訳の評価も高く、日英米で演出家としても活躍している英国在住の市川洋二郎が務め、まだ同性愛が法律違反であった時代に迷い込んだ青年を待ち受ける出会い、別れ、苦悩を魅惑的に描く。

「The View Upstairs-君が見た、あの日-」

キャストビジュアルは、写真家レスリー・キーが撮影。平間と小関のツーショット撮影では、目線や手の置き場などレスリーのリクエストに応え、恋する想いを秘めた親密なショットを表現した魅惑的なビジュアルが完成した。

Max Vernon(作・作詞・作曲)コメント

現在のデジタル社会の中で、人と出会うのにバーに行く必要はありません。しかし、1973年当時、アメリカの多くの地域では同性愛者であることが違法であり非常に危険であったため、「アップステアーズラウンジ」のようなバーは、彼らが自分のコミュニティを見つけられる唯一の場所でした。私はこのミュージカルをクィア・コミュニティを称えたい、さまざまな世代の観客がそれについて会話してほしいという思いで作りました。この50年間で、私たちの世界は良くも悪くもどのように変化したのでしょうか? どうすれば、歴史から学んだことを、世界に美しさと生命力を取り戻すためのインスピレーションにすることができるでしょうか?
これまで「The View Upstairs」は世界中の20以上のプロダクションで上演されてきましたが、初めての翻訳版が日本で上演されることになり、とても光栄に思っています。私は5年間日本語を学び、和歌山県新宮市にホームステイをしていたこともあるので、個人的にも非常にうれしいです。あなたがどんな人間であっても、私たちの「アップステアーズラウンジ」はあなたを歓迎します。私のアートとこのストーリーを皆さんと共有できる機会をいただき、本当に感謝しています。

市川洋二郎(演出・翻訳・訳詞・振付)コメント

憎しみを超えるのは、愛の力。人の歴史は、憎しみの歴史。常に誰かが誰かを傷付けてきました。けれど、その憎しみの連鎖を超えられる力も、きっと人間は持っているはず。この演目は、70年代に実際に起こったヘイトクライムを題材に、人が自分らしく生きることの美しさと、愛し愛されることの尊さを描いた作品です。
皆様の心に少しでも愛と勇気の炎を灯せるよう、大切に演出・翻訳させていただきます。舞台の上で繰り広げられる一瞬一瞬に魂を込めて、紡ぎ出すせりふと歌詞の一言一言に言霊を託して。ご来場、心よりお待ちしております。

公演情報

ミュージカル「The View Upstairs-君が見た、あの日-」
東京公演:2022年2月1日(火)~2月13日(日)
日本青年館ホール

大阪公演:2022年2月24日(木)~2月27日(日)
森ノ宮ピロティホール

オフィシャルサイト:https://theviewupstairs.jp/

この記事の写真