吉田羊主演、森新太郎演出によるオール女性キャストの「ジュリアス・シーザー」開幕 コメント&舞台写真到着

エンタメ総合
2021年10月11日
「ジュリアス・シーザー」撮影:加藤幸広

10月10日(日)より森新太郎演出、吉田羊主演の舞台「ジュリアス・シーザー」が、PARCO劇場で開幕。演出家、キャストのコメントと舞台写真が到着した。

男たちの陰謀と策略の渦巻く古代ローマの政治闘争を女優のみで描く本作。演出には、今年3月に上演された「Romeoand Juliet-ロミオとジュリエット-」に続いて、今年2本目のシェイクスピア劇となる森を配し、女性が持っている、したたかさ、強欲さ、そして圧倒的な強さで鮮烈にあぶり出す。

また、朋友たちとの友情、師と仰ぐ人物への信頼と憧れ、正義ゆえの裏切りなど、女性が持つパワフルさを存分に生かして、ローマ史実を基にした壮大な政治劇を描き出す。

主人公・ブルータス役は、映像での活躍も華々しく、近年コンスタントに舞台での出演を重ね、2016年には三谷幸喜演出の「エノケソ一代記」で読売演劇大賞優秀女優賞も受賞している吉田。初めてのシェイクスピア劇、PARCO劇場では初主演、そして森演出初参加となる。

さらに松井玲奈がシーザーの腹心の部下アントニー役、松本紀保がブルータスの同僚で友人のキャシアス役、シルビア・グラブがブルータスらに暗殺を謀られる古代ローマ王政の独裁官、ジュリアス・シーザー役で参加。他にも藤野涼子や久保田磨希、中別府葵ほか、映像、舞台で活躍するベテランから若手まで硬軟取り混ぜた女優たちが集結する。

もともとは男性による政争劇だが、森は性別を意識させるせりふをあえて排除し、オールフィメールキャストたちが「男性」を演じるのではなく、「人間」を演じるよう演出。人の業や欲望、正義や信念といったものをつまびらかにしながら、よりリアルな人間たちのドラマを浮き彫りにしていく。

初日の公演を終え、主演の吉田は「お客様の反応が、このご時勢でとりにくいところはありますけれども、逆に身じろぎをせずに観ていただいているということは、しっかりと物語世界に入ってくださっているのかなと感じられ、お客様が入って、この作品の最後のピースが埋まったというか、物語が完成したなという感じがしました」と振り返った。

森新太郎(演出)コメント

権力闘争劇の金字塔ともいうべき本作が、これほどまでにさまざまな感情の渦巻く人間ドラマであるとは知りませんでした。オールフィメールで臨んだことによって、この作品の新たな魅力に出会えたような気がします。歴史劇や政治劇の類い、そして何よりもシェイクスピア劇といったものに普段まったく食指が動かぬ方にこそ、ぜひ観ていただきたく思います。18人の女性キャストによる熱気と心意気で、この息苦しい日常に少しでも風穴を開けられるとよいのですが。
劇場にてお待ちしております。

吉田羊(ブルータス役)コメント

初日が終わってとりあえずほっとしています。お客様の反応が、このご時勢でとりにくいところはありますけれども、逆に身じろぎをせずに観ていただいているということは、しっかりと物語世界に入ってくださっているのかなと感じられ、お客様が入って、この作品の最後のピースが埋まったというか、物語が完成したなという感じがしました。
稽古場は、この企画を面白がって参加したメンバーならではの、熱気とアイデアに満ちたものでした。シリアスな物語にもかかわらず笑いが絶えず、毎日、演出をつけられた役者が目に見えて変わっていく様がとても面白かったです。
森さんは例え上手、かつ言葉選びも本当にうまい。また俳優によって演出の言葉も手法も変えるので、難解なシェイクスピアをみな同じレベルで理解し、共有できていたように思います。稽古中印象的だったのは、「芝居は、体に触ったら終わり。それ以上、手がないってことだから」という森さんの言葉。舞台は特に大きく空間を使うので、覚えておこうと。 今作の見どころは、「言葉」によって突き動かされていく人々の物語を、かくもドラマティックかつパワフルに仕上げた森新太郎氏の手腕!  そう来たか! とうなっていただきたいです!

松井玲奈(アントニー役)コメント

最初はどんな雰囲気になるのか緊張して構えていましたが、稽古が始まって日を追う毎にそれぞれが役になじみ、稽古場の空気も柔らかく結束感のあるものになっていきました。どうしたらシーンが円滑に進むか、立ち位置、所作、細かな引っ掛かりにお互いの役の立場として意見を出し合い、より良い芝居環境を作るために協力し解決していく事が多く、とても印象的でした。稽古中の「芝居は呼吸。息を吸ったときに感情が生まれる」という森さんの言葉が強く印象に残っています。今まで感じていたことがハッキリとした言葉で表された時、ハッとするものがあり、この現場での大きな学びの言葉となりました。
アントニーを演じる上では、生まれた感情を殺さないようにしたいと考えています。ブルータスとアントニーの演説場面は大きな見どころのひとつです。民衆の心が動かされていくように、客席の皆様の心までも動かす演説ができるよう、ひとりひとりの心に強く訴えかけていきたいと思います。
初日の幕が開いて、たくさんのお客様がいらっしゃって、一つ一つのシーンやせりふを息をのむように受け取ってくださっていて。その事実がとても感激したのと、こうして幕を開けることはうれしさとともに、奇跡のようなことだと思うので、千穐楽まで頑張って完走したいと思います。

松本紀保(キャシアス 役)コメント

キャストが女性だけなので、稽古場でのリラックスした時間は女子校の休み時間の様な雰囲気で、笑顔の絶えない時間でした。演出の森さんとは2回目ですが、とにかく容赦ないダメ出しの嵐は2回目も健在でした。役者の心に火をつけるのがとても上手な演出家だと思います。今回は歌手、スポーツ選手、芸人さんなど、〇〇さんのようにという例えを使われていてそこがとても分かりやすく面白かったです。この作品は全てが見せ場なので、1シーンたりとも見逃せない! なかでも民衆たちが扇動されていく姿は、現代にも通じるものがあるのではないでしょうか。
緊急事態宣言が解除されたとはいえ、エンターテインメントには厳しい状況の中、こうして客席にお客様がたくさんいらっしゃるということに感動してしまい、このお客様の期待に応えなければという気持ちがひとしおでした。誰一人欠けてもできなかったことだと思いますので、全てに感謝しています。

シルビア・グラブ(ジュリアス・シーザー役)コメント

稽古場は基本的にものすごく気の張った緊張感のある空間でしたが、そんな中でも空気を和らげてくれるムードメーカー的な人がいて、笑いもあふれる時も多かったです。ベテランぞろいのキャストが歯を食いしばりながら森さんのスパルタ演出に答えようとする姿は本当に美しかった。私が演じるシーザーは、どんな時でも強い!というイメージがあったのですが、今回森さんの演出では妻のキャルパーニアの前では弱みをかなり見せてます。もちろん夫婦2人きりの時だけですけどね。本作の見どころは男たちのドラマであるのはもちろん、今回、森さんはキャラクターのヒントとしていろんな俳優や有名人の名前を持ち出し、そのキャラクターに近づけていくキャストの皆さんを見るのが楽しかった。「古畑任三郎」をはじめ、松岡修造さんからオードリーの春日さんまで、バラエティに飛んだキャラクターたちがステージ上に隠れています。
初日が開いて、無茶苦茶ホッとしています。これは森さんの現場特有だと思うのですが、また絶対稽古があるので、初日が開いたからと言ってそこまで喜んでいられず、既に初日公演の反省中です(笑)。とにかく最後まで頑張って、無事に乗り切りたいと思います。

パルコ・プロデュース 2021「ジュリアス・シーザー」

■東京公演
2021年10月10日(日)~10月31日(日)
PARCO劇場(渋谷 PARCO 8F)

■大阪公演
2021年11月3日(水)
森ノ宮ピロティホール

■山形公演
2021年11月7日(日)
やまぎん県民ホール 大ホール

■福島公演
2021年11月14日(日)
いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール

■宮城公演
2021年11月17日(水)
仙台銀行ホールイズミティ 21 大ホール

■富山公演
2021年11月20日(土)
富山県民会館ホール

■愛知公演
2021年11月27日(土)
東海市芸術劇場大ホール

この記事の写真