舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」石丸幹二、向井理がハリー・ポッター役デビュー コメント&舞台写真到着

エンタメ総合
2022年08月19日
舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」東京公演

7月8日に開幕した舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」東京公演で、初日よりハリー・ポッター役を務める藤原竜也に続き、8月17日に石丸幹二が、8月18日に向井理がデビューを果たし、トリプルキャストを務める3人のハリー・ポッターが勢ぞろい。それを記念し、3人のハリー・ポッターの舞台写真が公開された。

舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」は、小説「ハリー・ポッター」シリーズの作者であるJ.K.ローリングが、ジョン・ティファニー、ジャック・ソーンと共に舞台のために書き下ろした「ハリー・ポッター」シリーズ8作目の物語。小説の最終巻から19年後、父親としてのあり方に悩む37歳のハリー・ポッターとその息子・アルバスの対峙を軸に、過去と現在を行き来する形で描かれた物語は、誰もが楽しめるストーリーであり、2016年のイギリス・ロンドンでの初演以降、世界中で多くの観客を魅了してきた。

舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」東京公演

さらに、舞台ならではの魅力である、観客自身が「ハリー・ポッター」の物語の世界に入り込み、目の前で魔法を“体感”できるような、他の作品では類を見ない演出に高い評価が集まっており、東京公演開幕以降、SNS等で「本当に魔法を見ているよう」「これまで見たことがないようなすごい演出」「完全に魔法の世界に入り込めた」といった声が上がっている。

このたび、ハリー・ポッター役を務める石丸幹二、向井理からコメントが到着。さらに、3か月以上にわたる稽古を続けてきたキャストたちのデビューに寄せて演出補(インターナショナル)のデス・ケネディもコメントを発表した。

ハリー・ポッター役 石丸幹二 コメント
舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」ハリー・ポッター役の石丸幹二

初日を無事に終え、長い航海の最初の寄港地にたどり着いたような、ほっとした気持ちでいます。
これからのロングラン、エネルギーを蓄えスタミナをつけ乗り切っていきます。
キャスト・スタッフが一丸となって操る魔法の世界、その中で、ハリーとアルバス親子の成長物語が紡がれていきます。
私らしい個性が刻まれたハリー・ポッターを、どうぞお楽しみください。

ハリー・ポッター役 向井理 コメント
舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」ハリー・ポッター役の向井理

4か月間稽古をしてやっと初日を迎えたという思いと、もう本番が来たか!という思いが入り混じっています。カンパニーの良い雰囲気に後押しされて自分も舞台に立てているので、この雰囲気を大切にしたいと思っています。
この作品はイリュージョンだけでなく、ハリー・ポッターの成長も見どころです。大人になっても困難なことやうまくいかないことがありますが、少しでも改善しようと努力するハリーの姿を見届けていただきたいです。
長く愛される舞台になると期待していますが、その中でアップデートされたり、観劇する席によって全然違う印象を受けると思うので、何度も劇場で楽しんでいただければ幸いです。

デス・ケネディ コメント

日本のカンパニーの皆さんがこの作品に心血を注いで取り組んでくださることに、とても刺激を受けています。我々の到着前にしっかり準備していただいたおかげで、今までにないスピードで舞台稽古が進んできました。今、空を飛び、地の底に潜り、水から出てくる、火を灯す…という、集中力と技術を要する重要な場面をやっていますが、これが素晴らしい出来!日本のスタッフの的確さに感銘を受けています。
「ハリー・ポッターと呪いの子」はこれまで7都市でプロダクションがおり、それぞれのカンパニーの特色を生かした独自性のある仕上がりになっています。この日本版も同じく、日本チームと海外チームが一緒に発見しながら作っています。その点、日本の俳優の皆さんが際立っているのは、心を注ぎ込んで作ってくださること。そのため、作品がとても深くなっています。何世紀にもわたって受け継がれてきた日本の演劇文化を背景に、彼らの演技には何層にもなった過去や深みが感じられます。スケールが大きく魔法に満ちた作品ですが、あくまで核となるのは芝居です。そこに嘘なくつながれる日本の俳優たち、絶対に素晴らしいプロダクションになるとワクワクしています。
冒頭の場面は、時間が凍りついた駅から始まります。舞台の前面には「INLUSTRET LUMINE(光を内にいれよ)」と書かれています。この2年間、世界はコロナ禍という闇の中にあり、それぞれが孤立していました。こうして演劇が本格的に再開したことで、私たちは集うことができる。“人生にまた光が灯りますよ”と、この言葉が伝えている気がします。
新劇場は、どこに座っても目の前で起きているような感覚になれる親密さが魅力です。ロビーに敷かれたカーペット、大きく飾られたバナーなどを見て、ホグワーツに足を踏み入れる体験をお楽しみいただきたいです。そしてこの観劇をきっかけに、この先もしばしば劇場に足を運んでいただけると幸いです。

公演情報

舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」
日程:2022年7月8日(金)~2023年5月31日(水)
※2023年6月以降も上演予定
会場:TBS赤坂ACTシアター
上演時間:3時間40分(予定)※休憩あり

主催:TBS ホリプロ The Ambassador Theatre Group
特別協賛:Sky株式会社
With thanks to TOHO
In association with John Gore Organization

公式Webサイト:https://www.harrypotter-stage.jp
公式Twitter:@hpstagetokyo
公式Instagram:hpstagetokyo
公式Facebook:https://www.facebook.com/hpstagetokyo
公式YouTube:https://youtu.be/9i2PRUPvmzE

この記事の写真