鬼才ディアオ・イーナン監督最新作「鵞鳥湖の夜」グイ・ルンメイよりメッセージ公開 | TV LIFE web

鬼才ディアオ・イーナン監督最新作「鵞鳥湖の夜」グイ・ルンメイよりメッセージ公開

映画
2020年05月29日

 ディアオ・イーナン監督の最新作「鵞鳥湖(がちょうこ)の夜」の公開を前に、同作に出演している女優グイ・ルンメイより日本のファンへ向けてメッセージが到着した。

 本作は「薄氷の殺人」でベルリン国際映画祭金熊賞、銀熊賞(男優賞)をW受賞したディアオ・イーナン監督の5年ぶりの最新作。中国の知られざるアンダーグランドの犯罪や社会の底辺で生きる人間たちの現実をあぶり出し、異例の大ヒットを記録した。主人公チョウ役には、歴史大作「1911」でジャッキー・チェンとも共演したフー・ゴー。そして、「薄氷の殺人」で主演を務めたグイ・ルンメイとリャオ・ファンが再共演を果たした。

 今回発表されたメッセージでは、日本で初めて公開された初主演作「藍色夏恋」が日本のファンにあたたかく迎え入れられたことへの感謝を伝えながら、約20年という時を経て、全く異なる役柄を演じた自身の成長を観てほしいと語ったグイ・ルンメイ。またコロナ禍の日本へ向けて「一刻も早く平穏な時が訪れることを願っています。劇場へ行く際はマスクを着用のうえ、映画を存分に楽しんでください」とメッセージを送っている。

 第72回カンヌ国際映画祭ではポン・ジュノ監督作品「パラサイト 半地下の家族」と並び、アジア発の衝撃をカンヌにもたらして絶賛を博した本作。さらに先日発表された、世界中のアジア映画プロモーション最大の協会であるNETPACが発表した、アジア映画批評家協会賞(Asian Film Critics Association Awards)では「パラサイト 半地下の家族」や、ワン・シャオシュアイ「在りし日の歌」らを抑えて最優秀監督賞を受賞。日本では近日公開を予定しているが、作品への期待がさらに高まってきている。

<動画>
グイ・ルンメイ メッセージ

<作品情報>
「鵞鳥湖の夜」
近日公開

キャスト:フー・ゴー、グイ・ルンメイ、リャオ・ファン、レジーナ・ワン
監督・脚本:ディアオ・イーナン
撮影:トン・ジンソン
照明:ウォン・チーミン
美術:リュウ・チアン
配給:ブロードメディア・スタジオ

<あらすじ>
2012年、中国南部。再開発から取り残された鵞鳥湖の周辺地域は、ギャングたちの縄張り争いが激化していた−。刑務所を出所して古巣のバイク窃盗団に舞い戻った裏社会の男チョウは、対立する猫目・猫耳兄弟たちとの揉め事に巻き込まれ、逃走中に誤って警官を射殺してしまう。
たちまち全国に指名手配され、警察の包囲網に追いつめられたチョウは、自らに懸けられた報奨金30万元を妻と幼い息子に残そうと画策する。そんなチョウの前に現れたのは、妻の代理としてやってきたアイアイという見知らぬ女。
寂れたリゾート地の鵞鳥湖で水浴嬢、すなわち水辺の娼婦として生きているアイアイと行動を共にするチョウだったが、警察や報奨金の強奪を狙う窃盗団に行く手を阻まれ、後戻りのできない袋小路に迷い込んでいくのだった。

<WEB>
「鵞鳥湖の夜」公式サイト:http://wildgoose-movie.com/

©2019 HE LI CHEN GUANG INTERNATIONAL CULTURE MEDIA CO.,LTD.,GREEN RAY FILMS(SHANGHAI)CO.,LTD.,