松本穂香主演「君が世界のはじまり」の予告編&ポスタービジュアルが解禁 | TV LIFE web

松本穂香主演「君が世界のはじまり」の予告編&ポスタービジュアルが解禁

映画
2020年06月18日

 松本穂香が主演を務める映画「君が世界のはじまり」が、7月31日(金)より全国公開。それに先駆けて、予告編とポスタービジュアルが公開された。

 中年男性の殺人事件が発生した、とある大阪の町で生きる高校生たちの青春を描いた本作。監督を務めるふくだももこの原点である2本の短編小説「えん」と「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら」を再構築し、1本の映画にするというプロジェクトが実現した。「リンダリンダリンダ」の向井康介が脚本を担当。そして松本穂香が主演を務め、魂を焦がす青春映画の傑作となっている。

 今回公開された予告編では、廃墟と化した立ち入り禁止の旧講堂で授業をサボり、タバコを手にするえん(松本穂香)と琴子(中田青渚)の姿が見られる。ほかにも学校帰りに寄ったショッピングモールでどしゃぶりの雨をやり過ごすえん、ナリヒラ(小室ぺい)、岡田(甲斐翔真)の3人の姿など、誰もが一度は経験したことのあるような青春の刹那的な時間が次々と映し出されていく。

 また、今回の映像ではスナックを経営する琴子の母親役を演じる江口のりこや、純(片山友希)の父親で娘に無視を決め込まれる古舘寛治ら実力派キャストの姿も明らかとなった。ネクストブレイク必至の若手俳優らとともにどんな物語を紡ぐのか、期待が高まる内容となっている。

 あわせて解禁されたポスタービジュアルでは「ブルーハーツの歌声で、やっと息ができた」とある通り、劇中では「人にやさしく」「キスしてほしい」など、ブルーハーツの名曲が使用されているとのこと。少年少女たちの言葉に出来ない心の叫びを象徴するかのように、世代を超えて愛される名曲の数々が胸に響く作品となりそうだ。

<動画>
『君が世界のはじまり』本予告

<作品情報>
「君が世界のはじまり」
2020年7月31日(金)テアトル新宿ほか全国ロードショー

出演:松本穂香 中田青渚 片山友希 金子大地 甲斐翔真 小室ぺい 板橋駿谷 山中 崇 正木佐和 森下能幸 江口のりこ 古舘寛治
(※古舘寛治の「舘」の正式表記は、舎に官)

原作・監督:ふくだももこ
脚本:向井康介
配給:バンダイナムコアーツ

<WEB>
公式サイト:https://kimiseka-movie.jp/

©2020『君が世界のはじまり』製作委員会