アカデミー賞2部門同時ノミネート作品「ハニーランド 永遠の谷」本編映像公開 | TV LIFE web

アカデミー賞2部門同時ノミネート作品「ハニーランド 永遠の谷」本編映像公開

映画
2020年06月24日

アカデミー賞史上初、ドキュメンタリー映画賞部門と国際映画賞部門にノミネートされた映画「ハニーランド 永遠の谷」が、6月26日(金)より全国公開される。それに先駆けて、本編映像の一部が公開された。

本作はアカデミー賞ノミネートのほか、昨年のサンダンス映画祭でもグランプリを含む最多3冠など、これまでに各国の映画祭で30以上の受賞を重ねてきたドキュメンタリー映画。

主人公の女性ハティツェは、ヨーロッパ最後の養蜂家。ギリシャの北に位置する北マケドニアの首都スコピエから20キロほど離れた、電気も水道もない故郷の谷で、寝たきりの盲目の老母と暮らしている。「半分はじぶんに、半分はあなたに」を信条とし、持続可能な生活と自然を守ってきた。

この度、解禁された本編映像では、大自然の中の石垣の一角に作られた自然の蜂の巣にハティツェが訪れ、そこから1枚の巣を取り出し、半分に切ってその蜜を石に垂らしていくシーンが映し出される。噴霧器を持ち、頭にはフェイスネットを付けているが、素手で蜂の巣を触っている様子は驚きだ。

飛んでいる蜂を気にせず自分も川で顔を洗い、水面に落ちた蜂を葉で掬って木の上に助け、石垣から取ったはちみつを食べる時には相棒の犬にも分け与える。しかし、ハティツェの住む静かな村に、ある日突然トレーラーで見知らぬトルコ人家族が押し寄せた。彼女は、彼らにも養蜂の方法を教える。生活を根底から覆す存在になるとは知らずに…。

3年の歳月と400時間以上の撮影から生み出される、人間と自然の存在の崇高さと美しさに満ちた、悲しくも感動的な希望の物語。新型コロナの影響で公開延期となっていたが、6月26日(金)よりアップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほかでいよいよ全国公開される。

<動画>
「ハニーランド 永遠の谷」本編映像

<作品情報>
「ハニーランド 永遠の谷」
2020年6月26日(金)アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

リューボ・ステファノフ、タマラ・コテフスカ共同監督

配給:オンリー・ハーツ

<WEB>
公式サイト:http://honeyland.onlyhearts.co.jp/
公式facebook:https://www.facebook.com/honeyland.movie/
公式twitter:https://twitter.com/honeyland_movie

©2019, Trice Films & Apollo Media