清原果耶 映画初主演作「宇宙でいちばんあかるい屋根」新場面写真が解禁 | TV LIFE web

清原果耶 映画初主演作「宇宙でいちばんあかるい屋根」新場面写真が解禁

映画
2020年07月17日

宇宙でいちばんあかるい屋根

9月4日(金)から全国公開される映画「宇宙でいちばんあかるい屋根」の新たな場面写真が公開された。

作家・野中ともその同名小説を映画化し、迷える少女の不思議な出会いと成長を描く本作。「新聞記者」の藤井道人が監督を務め、14歳の主人公の少女・大石つばめを今作が映画初主演となる清原果耶が演じる。

解禁された場面写真は、つばめが目を大きく見開き驚いた表情や、父(吉岡秀隆)と育ての母(坂井真紀)がベビーベッドを作る様子を見ている姿、書道教室の先生(山中崇)と書店で会話している姿、教室でクラスメートたちと過ごす姿が切り取られた4点。

家族と共にベビーベッドを作っているシーンでは、一見笑顔で楽しそうな表情のつばめだが、実際は父と育ての母の間に新しく子供が産まれてくるため、どこか居心地の悪さを感じている。書店のシーンでは、実母のひばり(水野美紀)が東京で個展を開いていることを先生から教えられ、会いに行く決心をしたシーンとなっている。

動画

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』本予告 9月4日全国公開

作品情報

「宇宙でいちばんあかるい屋根」
2020年9月4日(金)全国公開

出演:清原果耶、伊藤健太郎、水野美紀、山中崇、醍醐虎汰朗、坂井真紀、吉岡秀隆、桃井かおり
脚本・監督:藤井道人
原作:野中ともそ『宇宙でいちばんあかるい屋根』(光文社文庫刊)

WEB

公式サイト:https://uchu-ichi.jp/

あらすじ

お隣の大学生・亨(伊藤健太郎)に恋する14歳の少女・つばめ(清原果耶)。優しく支えてくれる父 (吉岡秀隆) と、明るく包み込んでくれる育ての母(坂井真紀)。もうすぐ2人の間に赤ちゃんが生まれるのだ。幸せそうな両親の姿はつばめの心をチクチクと刺していた。しかも、学校は元カレの笹川(醍醐虎汰朗)との悪い噂でもちきりで、なんだか居心地が悪い。つばめは書道教室の屋上でひとり過ごす時間が好きだった。ところがある夜、唯一の憩いの場に闖入者が―。空を見上げたつばめの目に飛び込んできたのは、星空を舞う老婆の姿!?派手な装いの老婆・星ばあ(桃井かおり)はキックボードを乗り回しながら、「年くったらなんだってできるようになるんだ―」とはしゃいでいる。最初は自由気ままな星ばあが苦手だったのに、つばめはいつしか悩みを打ち明けるようになっていた。

©2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会