蒼井優✕高橋一生✕黒沢清「スパイの妻」ポスタービジュアル&予告編が完成 | TV LIFE web

蒼井優✕高橋一生✕黒沢清「スパイの妻」ポスタービジュアル&予告編が完成

映画
2020年08月07日

スパイの妻

蒼井優主演、黒沢清監督の映画「スパイの妻」のポスタービジュアルと90秒予告が解禁された。

本作は、太平洋戦争開戦間近の神戸を舞台に、戦争という時代のうねりに翻弄されながらも自らの信念と愛を貫く妻とその夫の姿を描いたラブサスペンス。先日発表された「第77回ヴェネチア国際映画祭」のラインナップで、日本作品で唯一コンペティション部門に選出されている。

解禁されたポスタービジュアルは、純粋とも企みともとれる意味深な表情でこちらを見つめる妻・聡子(蒼井)と、ドアの外に目をやる夫・優作(高橋一生)の謎めいた横顔、2人越しにこちらを睨みつける泰治(東出昌大)の3人が写し出され、「太平洋戦争前夜。愛と正義に賭けたふたりがたどり着くのは、幸福か、陰謀か──。」のコピーとともに、戦乱の波に翻弄された夫婦の行く末が気になるミステリアスで力強いビジュアルとなっている。

スパイの妻

太平洋戦争前夜、国家機密を知った優作と愛する夫を信じ、やがて自らもその機密を追うことになる聡子。そこに女性の死体が現れ、泰治が優作と聡子の動向に疑いの目を向け始める。正義、欺瞞、裏切り、信頼、嫉妬、幸福が入り交じり、物語が疑心暗鬼に渦巻く中、ついに優作がスパイ疑惑で連行。「誰が通報した?」という優作の問いに「あなたもよくご存じの方だ」とゆっくりと答える泰治。一体誰が通報したのか、果たして夫婦は愛を貫けるのか。ひと筋縄でいかない物語に手に汗握る展開を現す予告編も併せて解禁されている。

動画

映画「スパイの妻」90秒予告編

作品情報

「スパイの妻」
2020年10月16日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

出演:蒼井優、高橋一生、東出昌大、坂東龍汰、恒松祐里、笹野高史
監督:黒沢清
脚本:濱口竜介、野原位、黒沢清
音楽:長岡亮介
配給:ビターズ・エンド
配給協力:『スパイの妻』プロモーションパートナーズ

WEB

公式サイト:wos.bitters.co.jp

この記事の写真

©2020 NHK, NEP, Incline, C&I