夢をまっすぐ追いかけていたあの頃…白波多カミン主演「東京バタフライ」冒頭映像解禁 | TV LIFE web

夢をまっすぐ追いかけていたあの頃…白波多カミン主演「東京バタフライ」冒頭映像解禁

映画
2020年09月16日

全国公開中の映画「東京バタフライ」より、劇中で白波多カミン・水石亜飛夢・小林竜樹・黒住尚生が組むバンド・SCOREがメジャーデビューを目指し、希望に満ち溢れていたころの姿を瑞々しく映し出した本編の冒頭映像が解禁された。

数々の国際映画祭での受賞歴を持つTokyo New Cinemaと『進撃の巨人』『甲鉄城のカバネリ』など、大ヒットアニメを手掛けるアニメーションスタジオWIT STUDIOが再びタッグを組んだ本作。

シンガーソングライターとしても活動する、白波多カミンが主演を務める。バンドメンバーには、『魔進戦隊キラメイジャー』の水石亜飛夢に加えて、小林竜樹、黒住尚生ら新進気鋭のキャストが集結した。

かつて、メジャーデビュー寸前まで行った人気大学生バンド・SCOREの4人。ささいな行き違いで解散してしまった彼らは6年後、20代後半となってそれぞれの生活を歩んでいた。

結婚、仕事、人間関係…。さまざまな人生の悩みに直面した彼らは、ふとしたきっかけで再び集まることになる。叶わなかった夢の残り香を胸に、30代を迎えようとする彼らのリアルを描く音楽ムービーだ。

この度解禁されたのは、SCOREがメジャーデビューという夢をまっすぐに目指し、希望に満ちていた頃の姿を瑞々しく映し出した本編の冒頭映像となっている。

繰り広げられるのは、ボーカルの安曇(白波多)が歌詞を徹夜で書き上げ、それを見たメンバーが大喜びしたり、ライブの作戦会議で意見を言い合ったりと、同じ夢を追いかける眩しい光景だ。しかし、4人での夢を叶えられず、それぞれの道を歩んでいくところから、本当の意味で物語が動き出していく。

佐近圭太郎監督は「僕の中ではサクセスストーリーを作るつもりはなかった。それよりも夢破れた先の人生に興味があって。そういう人を描きたいと思いました」と、本作のテーマについて語っている。

<動画>

「東京バタフライ」本編冒頭

<作品情報>

「東京バタフライ」
全国公開中

監督・編集:佐近圭太郎
出演:白波多カミン 水石亜飛夢 小林竜樹 黒住尚生/
松浦祐也 尚玄 松本妃代 小野木里奈 浦彩恵子 熊野善啓 福島拓哉
主題歌:白波多カミン with Placebo Foxes「バタフライ」(日本コロムビア)

配給:SDP

<WEB>
公式サイト:https://tokyo-butterfly.com/

©2020 WIT STUDIO/Tokyo New Cinema