桐山漣×清水くるみW主演!「海の底からモナムール」12・4公開決定&コメント到着 | TV LIFE web

桐山漣×清水くるみW主演!「海の底からモナムール」12・4公開決定&コメント到着

映画
2020年10月08日

映画「海の底からモナムール」の公開日が12月4日(金)に決定し、本作の世界観がうかがえるメインスチールが解禁。W主演を務める桐山漣と清水くるみから、コメントも到着した。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017のゆうばりチョイス部門にてワールドプレミアを行い、第12回大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門で上映された日仏合作映画「海の底からモナムール」。

本作は、フランスのロナン・ジル監督の長編2作目。溝口健二や増村保造の影響を受け、念願の日本で本作を撮影したジル監督は、従来のホラー映画の幽霊とは違う、足があり、セーラー服を着ていて、性欲もある、そんなオリジナリティ溢れるヒロインを描いた。ホラーファンもロマンティクなフランス映画ファンも、必見の一作といえるだろう。

主人公・タクマ役には「貞子」「呪怨-ザ・ファイナル-」と、日本2大ホラーに出演している桐山漣。タクマを一途に想うミユキ役には、清水くるみ。タクマの彼女・カオリ役は三津谷葉子、タクマとミユキの同級生・マツ役は前野朋哉、マツの彼女・トモヨ役は杉野希妃が演じた。

そしてこの度、12月4日(金)より全国順次公開されることが決定し、本作の世界観がうかがえるメインスチールとW主演の桐山と清水からのコメントが解禁。

今回の発表にあたり、桐山は「幽霊が幽霊ではあるんだけど、日本のホラーみたく怖がらせるようなルックスでないところが、『これはホラーでもあるけど、幽霊の愛の物語でもあるんだな』と同時に感じさせられます。愛情表現や感覚的なものが日本人とはちがうので、そこに対するおもしろさがありました」と作品について語る。

清水も「台本を読んだら、8割方水の中にいたり、片思いをしていたタクマの彼女の血をストローで吸ったりするシーンもあり、どんな撮影になるのかとドキドキしていました。このような発想や設定は日本人にはない考えであり、撮り方もフランス人監督ならではのやり方で、新しい経験をたくさんした現場だったなと思います」と、4年前に行われたという撮影を振り返っていた。両名からのコメント全文は、次ページを参照。

  1. 1
  2. 2