窪田正孝・芦田愛菜らキャスト発表!「えんとつ町のプペル」公開日&本予告も解禁 | TV LIFE web

窪田正孝・芦田愛菜らキャスト発表!「えんとつ町のプペル」公開日&本予告も解禁

映画
2020年10月20日

アニメーション映画「映画 えんとつ町のプペル」の公開日が12月25日(金)に決定し、窪田正孝、芦田愛菜、立川志の輔ら声のキャストが一挙解禁。併せて、本予告映像と本ポスターも公開された。

お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が監督を務め、2016年の発売以降、ロングラン大ヒットを記録し、累計発行部数50万部(10月20日現在)という数字を叩き出している絵本「えんとつ町のプペル」。

いつも厚い煙に覆われ、空を見あげることを忘れた「えんとつ町」を舞台に、星を信じる少年ルビッチと、ハロウィンの夜にゴミから生まれたゴミ人間プペルが「星を見つける旅」へと出る、感動の冒険物語だ。本作では、絵本では描かれなかった、えんとつ町の“本当の物語” を描き出す。

そしてこの度、魅力的なキャラクターたちの声を担当する声優陣が一挙解禁された。ゴミから生まれたゴミ人間プペルを演じるのは、実力派俳優の窪田正孝。いつも空を見上げ、星を信じ続ける少年ルビッチを演じるのは、女優の芦田愛菜。窪田と芦田は、夢を信じてはいけない町で“星を信じ続ける”2人を繊細に演じる。

ルビッチの父・ブルーノを演じるのは、原作者の西野がブルーノのモデルにしたと語る落語家・立川志の輔。母・ローラは小池栄子、おしゃべり鉱山泥棒のスコップは藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、えんとつ町を統べるレター15世は野間口徹、星を信じるルビッチを笑うアントニオには伊藤沙莉。そのほか、宮根誠司、大平祥生(JO1)、飯尾和樹(ずん)、山内圭哉、國村隼ら豪華キャスト陣が集結した。

発表にあたり、窪田は「原作の絵本を読ませていただいて、本当にワクワクするストーリーで、大人になって忘れかけていた心を思い出させてくれる温かいストーリーで本当に感動しました」と絶賛し、大人にこそ観て欲しい映画だと語る。

芦田も「声優のお話をいただき、絵本を読ませていただいたのですが、すごく絵がかわいくてストーリーも素敵で、しかも自分がルビッチの声をやらせていただけると聞いて、すごく嬉しかったです」と喜びのコメントを寄せた。両名のコメント全文は、次ぺージを参照。

さらに、空を見上げること、夢を信じること、そして真実を知ることを禁じられたえんとつ町を舞台に、プペルとルビッチの大冒険を予感させる本予告映像と本ポスターも公開。映像では、緻密で繊細なえんとつ町の情景が圧巻の映像美とクオリティで描かれ、ハロウィンの夜に現れたプペルに星の存在を嬉しそうに語るルビッチの姿が映し出される。

父から教わった「光を信じて上を見続けていたら、一緒に上を見てくれる友達が現れる」という言葉を信じ、プペルと出会い、星を見る大冒険へと旅立つことを決意した2人。プペルとルビッチの冒険の先に待ち受ける、驚きの真実とは?えんとつ町の秘密とは?

プぺルの「トモダチって何ですか?」という無垢な心が伝わるやさしい声や、ルビッチが星を信じない町の住人たちに「あの煙の向こう側を誰か見たのかよ!」と放つ、渾身の叫びにも注目だ。

<動画>

本予告

  1. 1
  2. 2