「存在が鍵になる」石田ゆり子と清原果耶が母娘の衝突を熱演!「望み」本編映像が解禁 | TV LIFE web

「存在が鍵になる」石田ゆり子と清原果耶が母娘の衝突を熱演!「望み」本編映像が解禁

映画
2020年10月22日

全国公開中の映画「望み」より、母娘役を演じた石田ゆり子と清原果耶が感情をむき出しにして衝突するシーンを捉えた本編映像が解禁された。

「クローズド・ノート」「検察側の罪人」の雫井脩介が、執筆時に最も悩み苦しみ抜いたという、著者渾身のサスペンス小説「望み」。読者満足度は驚異の100%(ブクログ調べ)を記録し、累計発行部数は20万部超えのベストセラー小説が満を持して映画化した。監督を務めるのは、様々な分野で幅広いジャンルを手掛けるエンターテイメントの旗手・堤幸彦。

主演を務める堤真一に加え、家族のメンバーには石田ゆり子、岡田健史、清原果耶。さらに彼らを取り巻く重要人物には、加藤雅也、市毛良枝、松田翔太、竜雷太らが脇を固めた。豪華キャスト陣が、刺激的でサスペンスフルな演技合戦を繰り広げる。

今回解禁された映像では、行方が分からなくなった兄・規士(岡田)が何かしらの形でとある事件へ関与していることがニュースで流れてしまう。すると、父・一登(堤)、母・貴代美(石田)、妹・雅(清原)の生活にも大きな影響が出始め、それぞれの「望み」が交差するシーンだ。

一流高校の受験のラストスパートに手応えを感じていた雅は「なんで私がお兄ちゃんの犠牲にならなきゃいけないの」と、突然の状況に戸惑う様子を隠せない。諭そうとする貴代美に対しても、「お母さんは私よりお兄ちゃんの方が大事だから」と感情をむき出しに。感情的になる娘と相対して、覚悟を決めた母親の強さを感じられる。

原作者の雫井は、映画化の企画が進む過程で、堤監督らに「貴代美の存在が鍵になる」という考えを伝えていたという。それによって意見が逆に働いてしまうことも危惧したそうだが、完成作品を観て心配は思いすごしだったと感じられたようだ。

雫井は「石田さん演じる貴代美は、まさに絶妙だった。台詞1つ1つに母性がにじんでいて、過剰でないがゆえに耳に届きやすく、共感せずにはいられない。観ていて心を大きく揺さぶられるのだ」と大絶賛。そんな石田の演技は、SNSや各種レビューサイトでも「母親の気持ちに涙せざるを得ない」と話題沸騰している。

<動画>

本編映像

<作品情報>

「望み」
全国公開中

出演:堤真一 石田ゆり子
岡田健史 清原果耶
加藤雅也 市毛良枝 松田翔太 竜雷太

監督:堤幸彦
原作:雫井脩介「望み」(角川文庫刊)
主題歌:森山直太朗「落日」(UNIVERSAL MUSIC)

配給:KADOKAWA

<WEB>

公式サイト:https://nozomi-movie.jp/
公式Twitter:@nozomimovie

© 2020「望み」製作委員会