壇蜜「ハチとパルマの物語」本予告ナレーションを担当!「渇いている人に見てほしい」

映画
2021年03月04日

日露合作による映画「ハチとパルマの物語」が、5月28日(金)より全国ロードショー。本作の劇中にも登場する壇蜜が本予告のナレーションを担当することになり、3月4日(木)にその公開収録イベントが開催された。

イベントに登壇した壇蜜はナレーションを担当するのは初めての経験だと言い、「ナレーションといえば、渋い声に渋い演出。てっきり、トヨエツ(豊川悦司)さんの仕事だと思っていました。自分とは対極の仕事で、緊張しました」と明かす。それでも収録は一発OKでスムーズに終了し、ホッと安どの表情。

今回の収録にあたり「ロシアが舞台のお話なので、まずはボルシチを作って気持ちをアゲていこうと。最近、圧力鍋を買ったので…。ただ、ボルシチって(ロシアではなく)ウクライナの家庭料理なんですね! 圧力鍋のスイッチを入れてから気づきました」と笑いを誘った。

動物の世話をするのが好きだという壇蜜は「パルマは『待っていたら、いずれ(ご主人が)帰ってくる』と分かっていたから、待ち続けたのだと思う。茶色の目を見ていると、優しさがにじみ出ていて、キュンとしました。ワンちゃんは、ほかの動物に比べて、人間の理屈がかなりわかっている方なので」と自身の経験も踏まえてコメント。

劇中では「秋田犬の里館長」を演じている壇蜜。「人懐っこいし、パワフル。信頼する気持ちが強く、人との距離も近い。主従関係ではあるが、友だちであり、仲間であり、いろんな立ち位置に立てる存在。手足が太くて、童顔なところもキュンとする」と秋田犬の魅力も語った。

故郷・秋田で実施された撮影については「言葉の違いもあり、勝手が違う部分がありましたが、かなりスムーズでした。それに子役さんと動物なので、時間がかかるかなと思っていたが、とても連携がとれていた。厳しい寒さの中、多くのエキストラさんも頑張ってくださった。(現場は)映画好きの集まりというのは、世界共通なんだなと」と回想。

映画にはフィギュア スケートのアリーナ・ザギトワ選手が本人役で特別出演しており、壇蜜は「わたしもザギ様ファンなので」と大喜びの様子。一方で「鏡を見て、自分の顔の“平たさ”に驚きました」ともこぼす。

ロシアでの先行公開は1,500館規模と、ハリウッド映画に匹敵するスクリーン数が予定されており「忠犬とかわいい子どもは最強タッグ。捕らぬ狸の皮算用ですけど、あわよくば続編も。そして、また出演し、ナレーションもやらせていただければ」と期待を寄せた。

最後に「本作をどんな人に見てほしいですか?」と問われると、「こういう時代になってしまったので、ぜひ渇いている人に見てほしい。コロナ禍で弱っている人もたくさんいるはず」との回答。

「愛情や仲間意識、待つことの大切さが忘れられがちになっていると思います。それに春はいろんなことが終わり、いろんなことが始まる季節で、心も体も忙しい。そういう皆さんのために、この映画の上映は5月28日(金)なんです! 5月病の予防対策にもなります!!」とコロナ禍だからこそ見るべき映画だとアピールして締めくくった。

イベント情報

「ハチとパルマの物語」公開アフレコイベント
2021年3月4日(木)PANDASTUDIO.TV /Bスタジオ

登壇者:壇蜜

動画

「ハチとパルマの物語」本予告90秒

作品情報

「ハチとパルマの物語」
2021年5月28日(金)全国ロードショー

配給:東京テアトル/平成プロジェクト

公式サイト:https://akita-movie.com/
公式Twitter:https://twitter.com/akita_palma

©2021 パルマと秋田犬製作委員会