『科捜研の女』榊マリコに思いを寄せる解剖医・佐沢真のお薦めエピソードはやはり「マリコへのプロポーズ」回

映画
2021年07月19日

テレビ朝日系超人気シリーズ『科捜研の女』。放送開始から20年超え、これまでに解決していた事件の数は250件を超える“科学捜査ミステリー”の最高峰が、ついに「科捜研の女 -劇場版-」として9月3日(金)に全国公開する。

主人公・榊マリコ(※榊の字は正しくは木へんに神)役の沢口靖子、マリコとバディを組む京都府警の土門薫刑事役・内藤剛志をはじめ、テレビシリーズのレギュラーキャスト10人が勢ぞろいで<世界同時多発不審死事件>に挑む。

現在、動画配信プラットフォーム「TELASA」では累計254話が一挙配信され、ファン投票キャンペーンの「あなたの推しエピソード総選挙!」が実施中。上位にランクインした作品は、テレビ朝日(関東ローカルのみ)でのリピート放送がされるという。そこでキャンペーン後半を楽しむため、歴代のレギュラーキャストのお薦めエピソードを紹介。5回目は、京都医科歯科大学の解剖医でかつてマリコにプロポーズした過去がある佐沢真(野村宏伸)。

<佐沢真とは?>
佐沢真は、京都医科歯科大学の解剖医で、シーズン13の第10話で初登場。洛北医科大学の解剖医・風丘早月(若村麻由美)が別の解剖で手が空いていなかったことより、代わりに解剖を行うことに。そこでマリコと出会う。温厚な性格の佐沢だが、他人との会話があまりかみ合わず、勘違いが多かったり、空気が読めなかったりする一面も。しかし、どこか憎めないキャラクターは歴代キャラクターの中でも印象的で、さらには、マリコに思いを寄せ、唐突なプロポーズをした人物として強烈なインパクトを残している。劇場版では2つ目の転落死事故の目撃者になったことから、事件に関わることになり、マリコに解剖医として力を貸すことに。

<佐沢真のおすすめエピソードは?>
シーズン14
第8話「最終章~古都を襲った無差別テロ!解剖医による疑惑の鑑定!!」
第9話「白昼の殺人雨!模倣犯による最悪の集団死 マリコ路上に死す!?」

第8話は無差別テロ犯を追う前編。シアン化物中毒による殺人事件が多発し、マリコは人手不足から、佐沢に解剖を依頼。しかし、彼の鑑定書には不明な点がたくさんあった上、被害者の死因を誤ってしまう。そのことが原因で、土門や早月から佐沢に容疑がかかる。マリコは鑑定を進めていく中で、佐沢の無実を証明し、さらには無差別テロ犯も突き止めていく。この事件が解決した後、後編の第9話では、模倣犯によりシアン化物による連続殺人が発生。捜査を進めるうちにマリコにも模倣犯の魔の手が襲い掛かり…。

第8話で無実を証明してくれたマリコに対して佐沢は、積極的に捜査に協力したり、マリコが殺人犯に襲われた際には手当てを施したりと、ことあるごとにマリコに尽くす。このエピソードで見逃せないのは、佐沢がマリコにプロポーズするシーン。マリコの答えは? 劇場版でも変わらずマリコに思いを寄せる佐沢をより応援したくなること間違いなし!

『科捜研の⼥ -劇場版-』公開記念 あなたの推しエピソード総選挙! キャンペーン
https://kasouken-movie.com/campaign/

『科捜研の女 -劇場版-』
2021年9月3日(金)より全国公開

(STAFF&CAST)
脚本:櫻井武晴 音楽:川井憲次 監督:兼﨑涼介
出演:沢口靖子、内藤剛志、佐々木蔵之介、若村麻由美、風間トオル、金田明夫、斉藤暁、西田健、佐津川愛美、渡部秀、山本ひかる、石井一彰、渡辺いっけい、小野武彦、戸田菜穂、田中健、野村宏伸、山崎一、長田成哉、奥田恵梨華、崎本大海

(STORY)
京都、ロンドン、トロント…「助けて」と叫びながら高所から飛び降りたのは、全員が科学者だった。だが、犯罪につながる物的証拠はゼロ。各地で自殺として処理されようとしていたが、榊マリコ(沢口)をはじめとする科学捜査研究所のスペシャリストたちと捜査一課の土門刑事(内藤)、解剖医の風丘教授(若村)らは、半ば強引に捜査を進めていた。やがてマリコたちは、「未知の細菌」の発見で世界的に脚光を集める天才科学者・加賀野亘(佐々木)にたどりつく。だが、加賀野には鉄壁のアリバイが存在するのだった…。スクリーンに散りばめられた謎を解かなければ、死の連鎖は止められない!

公式HP:https://www.kasouken-movie.com

©2021「科捜研の女 -劇場版-」製作委員会