おいでやすこが×もう中学生が即席トリオ結成「ザ・スーサイド・スクワッド」公開前イベント

映画
2021年08月03日

8月13日(金)に公開される映画「ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結」に登場する、巨大な一つ目を持つ巨大怪獣を再現した巨大オブジェの初披露“目”イベントが開催。イベントには、おいでやすこがともう中学生が“おいでやすこが中”としてネタを披露した。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」を世界的大ヒット作に仕立て上げ「アベンジャーズ」シリーズの製作総指揮も務めるジェームズ・ガン監督。本作は、そんな映画の常識全てを覆すルール無用の天才監督が贈る、ユーモア満載の痛快サバイバル・アクション。ぶっ飛んでクレイジーな悪党14人で結成されたスーサイド・スクワッドが、世界の脅威“怪獣”計画をぶっ潰すために、壮絶なサバイバル・アクションを繰り広げる。

公開に先駆け、8月2日に「巨大怪獣お披露“目”」が新宿住友ビルの三角広場で行われた。イベントでは、日本の特撮文化を愛してやまないジェームズ・ガン監督が生み出した、巨大な一つ目を持つ巨大怪獣を再現した巨大オブジェが初披露された。

さらに、昨年の『M-1グランプリ』ファイナリストのおいでやすこが、再ブレーク中のもう中学生が登壇。本作のキャラクター・ピースメイカーに扮したおいでやす小田と、もう中学生が一夜限りの新コンビ“お笑い版・スーサイド・スクワッド”として“おいでやすこが中”を結成して、初のネタを披露するなど会場を盛り上げた。

ジェームズ・ガン監督の大ファンであるこがけんは「この作品はジェームズ・ガンの作品の中でこれまでにない最高に刺激的な内容でぶっ飛んだ映画です」と絶賛し「ジェームズ・ガンは我々の期待に応えてくれました」と熱く語った。

巨大怪獣の序幕は、ジェームズ・ガン監督の掛け声でスタート。「3・2・1、ゴクアク!」とカウントすると、世界を恐怖に陥れる巨大怪獣の全貌が明らかになった。全長15メートルの巨大怪獣を見上げながら、小田は「迫力ヤバイ!」と大きな声でひと言。巨大怪獣の迫力に圧倒された3人は思わずステージにひれ伏した。

スーサイド・スクワッドたちと、巨大怪獣との壮絶な戦いを描く本作にちなみ、3人に「巨大怪獣とどう戦うか?」というお題が。それぞれ「鬼太郎を呼んで説得して帰ってもらう」(こがけん)、「大きな竜に丸のみさせて、その竜を倒す」(小田)、そして、もう中学生は「早朝樹液!」という謎の解答で場内を沸かせた。

本作は、ジェームズ・ガン監督ならではのギャグ満載のユーモアも見どころの一つ。もう中学生は「僕は、お笑いを20年やって、この映画でまた新しい笑いを発見することができました!」と監督のセンスを称賛。

小田は「冒頭5分~10分くらいで『えー!?』と大声を上げてしまいました。普通の映画館だったらつまみ出されているくらいです。その後何度も叫んでしまうシーンが続きます。そしてはぐれ者同士がいがみ合いながら、次第にチームになっていくストーリーが全く違和感なく、ドキドキ、ワクワク、夢中に見られる作品だと思います」と試写中に思わず大声を上げてしまったことを告白した。

イベントの最後はこがけんが「とにかく面白くて、僕も膝を叩いて見ていました。悪党たちがデス・ミッションに挑むの姿がかっこよくて、ジェームズ・ガン監督がそれぞれのキャラクターが輝けるように描いたので、ぜひ劇場で見てください」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

「ザ・スーサイド・スクワッド ”極”悪党、集結」
2021年8月13日(金)全国公開

公式サイト:http://thesuicidesquad.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/dc_jp

この記事の写真

©2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & ©DC Comics