人気ホラー最新作「ハロウィン KILLS」“恐怖が進化する”ブギーマンの場面写真解禁

映画
2021年09月03日
©UNIVERSAL STUDIOS

10月29日(金)公開の映画「ハロウィン KILLS」より、場面写真が公開された。

1978年、鬼才ジョン・カーペンターが生み出した「ハロウィン」(78)は、32万5000ドルの製作費で4716万ドルの全米興行収入を記録。映画史に残るホラー・アイコン“ブギーマン”を生み出し、数多くの作品やクリエイターたちに影響を与え続けている。その78年版から40年後を描いた正統な続編「ハロウィン」(18)は、2018年10月19日に全米で公開され、オープニング興収7622万ドルを記録。最終的に全米1億5934万ドル、全世界で2億5561万ドルを稼ぐ大ヒットとなった。本作はその続編となる。

監督・脚本・製作総指揮を務めたのは、前作に引き続きデヴィッド・ゴードン・グリーン。キャラクター原案、製作総指揮、音楽をシリーズ生みの親であるジョン・カーペンター。良質ホラー作品を量産する“恐怖の工場”ブラムハウス・プロダクションズを率いるジェイソン・ブラム(製作)、ダニー・マクブライド(製作総指揮・脚本)ら、前作からの強力な布陣が再集結した。

主人公、ローリー・ストロードを演じるのは、1978年製作の「ハロウィン」からシリーズを支え続けるジェイミー・リー・カーティス。そしてローリーの娘、カレン役のジュディ・グリア、孫娘、アリソン役のアンディ・マティチャックも続投し、三世代でブギーマンに立ち向かう。

解禁された場面写真では、業火の中からよみがえったブギーマンことマイケル・マイヤーズの姿が。消防士から奪い取ったバールのような凶器、巨大な包丁、そして素手でのわしづかみと、本作ではさまざまな凶器でハドンフィールドの住人たち次々と恐怖に陥れる。前作で満身創痍になりながらマイケルを追い詰めたローリーは、今度こそブギーマンを葬り去るべく再び“殺る気”を出す。

さらに、恐怖に怯えていた住人たちもブギーマンを打倒すために立ち上がる。ローリーの孫、アリソンは決意の表情でショットガンを手に。バットを構え気合十分な住人の姿も見受けられる。果たして、不死身のブギーマンに勝てるのか。 誰も彼もが“殺る気”満々の“全員KILLS”な死闘の行方はいかに。

場面写真(全8枚)

作品情報

「ハロウィン KILLS」
2021年10月29日(金)TOHOシネマズ日比谷、渋谷シネクイントほか全国公開

配給:パルコ ユニバーサル映画

©UNIVERSAL STUDIOS