「マトリックス レザレクションズ」12月公開決定 世界初の“インタラクティブ・トレーラー”公開

映画
2021年09月08日
© 2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

伝説のアクション超大作「マトリックス」の新章「マトリックス レザレクションズ」(原題:THE MATRIX RESURRECTIONS)が全世界で12月に公開されることが決定し、特別映像とビジュアルが初解禁された。

1999年、1作目が公開されるや、これまで誰も観たことがない映像体験で世界中を熱狂させた「マトリックス」の新章が12月、全世界に上陸。シリーズ3作目「マトリックス レボリューションズ」の続編ではなく、1作目の続編となる。

邦題の「レザレクションズ」とは「復活」という意味の言葉。副題が「R」から始まるのもこれまでの「マトリックス」シリーズを踏襲しており、新章にふさわしいタイトルとなっている。しかし、この“レザレクションズ=復活”の意味は、明かされておらず、その全貌に期待が膨らむ。

9月8日に更新された特設サイトでは、本作の特別映像とビジュアルが初解禁。ビジュアルは白一色の背景の中に「マトリックス」1作目に登場した赤いカプセルと青いカプセルが。そのカプセルの上には“未来を選べ”の文字。かつてキアヌ・リーブス演じる主人公ネオが、“マトリックス”世界を知ることになる、究極の選択を迫られたまさにその状況。現実世界に目覚め真実を知ることができる赤いカプセルか、何も知らずに仮想世界の中で生きていく青いカプセルのどちらを飲むか。今2021年を生きる我々に、再び突きつけられる選択。これは一体何を意味するのか。

特設サイトでは、表示される選択「赤いカプセルor青いカプセル」をクリックすると、世界初の試みとなる“インタラクティブ・トレーラー”を体験することができる。“インタラクティブ・トレーラー”は、ユーザーがアクセスした国や地域の時間帯に合わせて、リアルタイムに時間とナレーションがカスタマイズされるという機能を取り入れた世界初のトレーラー映像。緑のカタカナが上から降り注ぐおなじみのマトリックス・コードに導かれ、映画のシーン映像と合わせて、自分だけにカスタマイズされた「マトリックス レザレクションズ」の世界を体感することができる。加えて、ユーザーが映像を見ている国や地域に合わせて、自動的に翻訳字幕が表示される機能も搭載。常に時代の先を見せてくれる「マトリックス」らしく、他では体験できない最新のテクノロジーが取り入れられている。

日本時間の9月9日(木)後10時には予告編が全世界で一斉解禁されることが決定。監督は、シリーズの生みの親であり、シリーズ全作品を監督しているラナ・ウォシャウスキーが務める。キャストには、ネオ役のキアヌ・リーブス、トリニティー役のキャリー=アン・モス、ナイオビ役のジェイダ・ピンケット・スミス、メロビンジアン役のランバート・ウィルソン、エージェント・ジョンソン役のダニエル・バーンハードらが、それぞれ同じ役で続投することが決定。

新キャストとして、ネオを救世主と信じ、世界の真実を伝え、彼を導くモーフィアス役には、「アクアマン」のブラックマンタ役で知られるヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、ネオの宿敵エージェント・スミス役には、Netflixオリジナルシリーズ「マインドハンター」で主役のFBI捜査官ホールデンを演じるジョナサン・グロフを抜擢。さらに、ニール・パトリック・ハリス、クリスティーナ・リッチらが新キャラクターで出演することが決定している。

「マトリックス レザレクションズ」【9/9全世界、予告初解禁】アナウンスメント予告

作品情報

「マトリックス レザレクションズ」
2021年12月公開

監督:ラナ・ウォシャウスキー
出演:キアヌ・リーブス、キャリー=アン・モス、ジェイダ・ピンケット・スミス、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、プリ
ヤンカー・チョープラー、ニール・パトリック・ハリス、ジェシカ・ヘンウィック、ジョナサン・グロフ、クリスティーナ・リッチ

特設サイト WhatIsTheMatrix.com:http://whatisthematrix.com/

オフィシャルサイト:matrix-movie.jp
オフィシャル Twitter:@matrix_movieJP

© 2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

この記事の写真