女子高生がSNSで世直し 映画「プリテンダーズ」ポスター&予告編解禁 ひろゆき「意外な結末にほっこり」

映画
2021年09月09日
©︎2021「プリテンダーズ」製作委員会

10月16日(土)公開の映画「プリテンダーズ」より、ポスターと予告編が初解禁。さらに、2ちゃんねる創設者・ひろゆき(西村博之)氏のコメントも到着した。

本作は、引きこもりのひねくれ者・花梨(小野花梨)と、花梨の唯一の理解者であり親友・風子(見上愛)のふたりの女子高校生がフィクションの力で世界を変えようと突き進むシスターフッドムービー。コロナ禍によって日常も常識も激変し、ネット上に無限の情報があふれ返る“今”を生き抜くために大切なことは何か問いかけていく。監督は熊坂出。

「前にならえ」「空気を読め」を美徳とするニッポン社会に、ふたりの女子高生が物申す。彼女たちの武器はSNSとアイデアのみ。“プリテンダーズ”を結成し、次々と型破りなドッキリを仕掛け、リアルとフィクションの混合動画を立て続けに公開。満員電車のけんかを誰もが驚く方法で喜劇に変えたり、ゾンビを街に出現させたり、国家間の問題を過激な方法で解決させようとしたり…。フィクションをファンタジーへ昇華させ、社会全体に「喜び」の気持ちを増幅させることによって「世界を変えられるのでは?」と本気で“世直し”を試みる。

解禁されたポスターは、注目の若手女優・小野花梨と見上愛が演じる、真っすぐなまなざしを向ける花梨(小野)と、先を見つめる風子(見上)をアップにしたビジュアルに。ふたりの瞳には、渋谷の街が映し出され、ゴッホをコラージュしたフライヤーのビジュアルは、リアルとフィクションを混ぜた世界を表現している。

予告編では、主題歌・踊ってばかりの国「ghost」がふたりの心情とシンクロするように響く。

引きこもりの時代を経て、“2ちゃんねる”という世界を創り上げたひろゆき氏は、一足早く鑑賞し「引きこもりの女子高生がSNSで社会を変えるという話に興味津々で鑑賞していたら…意外な結末にほっこりしました。カメラの長回しで主人公が心情を語るシーンはしっかりと彼女の気持ちが伝わってきて面白かったです」とコメントを寄せている。

本作は、9月11日(土)か25日(土)まで国立映画アーカイブで開催される第43回ぴあフィルムフェスティバル・クロージング上映作品に選出。9月23日(木・祝)にプレミア上映され、本上映が世界初上映となる。

「プリテンダーズ」予告編

作品情報

「プリテンダーズ」
2021年10月16日(土)公開

監督・脚本・編集:熊坂出
音楽:YURI SHIBUICHI
主題歌:踊ってばかりの国「ghost」

出演:小野花梨、見上愛、古舘寛治、奥野瑛太、吉村界人、柳ゆり菜、佐藤玲、加藤諒、浅香航大、村上虹郎、津田寛治、渡辺哲、銀粉蝶 他

制作プロダクション:テレビマンユニオン
配給・宣伝:gaie
配給協力:Mou Pro.

公式HP:pretenders-film.jp
公式twitter:@pretenders_film
公式instagram:@pretenders_film

©︎2021「プリテンダーズ」製作委員会

この記事の写真