宮野真守 20thシングル『ZERO to INFINITY』ジャケ写&収録全楽曲タイトル公開 | TV LIFE web

宮野真守 20thシングル『ZERO to INFINITY』ジャケ写&収録全楽曲タイトル公開

音楽
2020年10月14日

声優アーティスト・宮野真守が、12月9日(水)に20thシングル『ZERO to INFINITY』をリリースする。それに先駆け、ジャケット写真と収録全楽曲のタイトルが本日より公開された。

ジャケット写真は、表題曲「ZERO to INFINITY」のタイアップとなるYouTube配信作品『ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀』 で描かれる宇宙のイメージに合わせ、「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」のプラネタリウムにて撮影。

プラネタリウムで映し出される幻想的なシチュエーションをバックに、カメラのシャッターを一定時間開ける“長時間露光撮影”と呼ばれる方法を用い、宮野の持つライトの光の線が流れる星のような軌道を描くスタイリッシュな仕上がりとなった。

また、録全楽曲のタイトルも公開。M-2には2021年1月より放送開始となるTVアニメ『Levius レビウス』のエンディングテーマ「Beautiful Doll」を収録。『Levius レビウス』は繊細なタッチで、孤独な少年の繊細な心情と、人間と機械の融合バトルを描く人気作品で、宮野も“Dr.クラウン”役で出演。

エンディングテーマとなる「Beautiful Doll」は未来を憂う恋人を優しく包み込む、救いと祈りの歌に仕上がった。ほぼ全編が英詞という意欲作で、古典と現代を融合させた斬新なサウンドが、愛するが故の歪さもはらんだ歌詞を一層際立たせている。

M-3には、宮野のオフィシャルYouTubeチャンネルにて更新中の動画配信プログラム「Road to LIVING!」のテーマソング「HELLO!」を収録。宮野の楽曲を数多く手掛ける音楽プロデューサー「STY」 が作詞・作曲・編曲を務めたものだ。

「Road to LIVING!」動画内では、2人の曲作りの様子も公開されている。動画配信を通してファンと繋がれることへの喜びや、明るい未来への希望を込めた楽曲を制作したという。

そして、12月12日(土)には宮野にとって初となるオンラインライブ「MAMORU MIYANO STUDIO LIVE 〜STREAMING!〜」を全世界に向けて開催。当日は東京のレコーディングスタジオから、ライブではお馴染みのバンドメンバー4人と共に、生の歌声とメッセージをリアルタイムで発信していく。

<リリース情報>

20th Single『ZERO to INFINITY』
2020年12月9日(水)発売

価格:1,300円+税
※初回製造分のみ:プレイパスコード封入

<ライブ情報>

「MAMORU MIYANO STUDIO LIVE 〜STREAMING!〜」
2020年12月12日 (土) 後6・30〜配信

特設サイト:https://miyanomamoru.com/live/streaming/
ライブ・ビューイング情報サイト:https://liveviewing.jp/miyanomamoru2020/

<WEB>

公式ホームページ:http://miyanomamoru.com/
オフィシャルYouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/c/miyanomamoru