内村光良 今年の『紅白』は「未知なる大舞台」 二階堂ふみ&大泉洋コメントも到着 | TV LIFE web

内村光良 今年の『紅白』は「未知なる大舞台」 二階堂ふみ&大泉洋コメントも到着

音楽
2020年11月10日

12月31日(木)放送の『第71回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか)で総合司会を務める内村光良と紅組司会の二階堂ふみ、白組司会の大泉洋よりコメントが到着した。

今年の『紅白歌合戦』のテーマは「今こそ歌おう みんなでエール」。初めて無観客という形で放送される今回は、コロナによって傷つき疲れ切っている人々の心を癒し、少しでも明るい気持ちで2021年を迎えてほしいという思いがテーマに込められており、アーティストたちの思いのこもった歌でエールを送っていく。

そしてこの度、総合司会を務めることが先日発表された内村光良、紅組司会の二階堂ふみ、白組司会の大泉洋よりコメントが到着した。内村は「今年は予想もしない事が次々に起きた、そんな、自分にとっても忘れられない1年でした」と2020年を振り返る。

続けて「きっと、後にも先にもない『第1回無観客紅白歌合戦』。未知なる大舞台が待っています。北海道出身の白組大泉さん、沖縄出身の紅組二階堂さんという、日本をふんわり包み込むような新鮮で魅力的なお二方と、そして3度目の桑子さんと、力を合わせて頑張ります」と意気込みを述べた。

二階堂は「1年の締めとなる晴れ舞台の司会をつとめさせていただけてとても光栄に思います。今年は様々なことがありましたが、音楽の力で皆さんにエールを届けられたらと思っております」と心境を明かす。

大泉も「初の無観客という状況ではありますが、憧れの内村さんの胸をお借りして、二階堂さん、出場アーティストの皆さんと一緒に盛り上げられればと思います。あとは、しゃべりすぎて、年を越してしまうという失態だけを気をつけて命がけで頑張ります!」と彼らしいユーモアも見せつつ、コメントを寄せた。3名のコメント全文は、次ページを参照。

  1. 1
  2. 2