GENERATIONSがグループに変化をもたらしたDEEPの楽曲を披露『MUSIC BLOOD』

音楽
2021年10月01日
『smash. presents MUSIC BLOOD』

10月1日(金)放送の『smash. presents MUSIC BLOOD』(日本テレビ系 後11・35~深0・05)に、GENERATIONS from EXILE TRIBEが登場する。

GENERATIONS from EXILE TRIBEは、EXILEやEXILE THE SECONDなどの大人グループと、EXILEにあこがれて育ったJr.EXILEとの、いわば橋渡し役にもなるLDH所属アーティストの中でもちょうど中間に存在する人気グループ。2011年に三代目 J SOUL BROTHERSの弟分として結成され、2019年には初の5大ドームツアーを成功、その年の年末には『紅白歌合戦』にも出場した。

恒例のMC2人によるオープニングトークでは、千葉雄大が「実はメンバーの中に友達がいまして…」と答えると「えっ! 雄大に友達が…!?」と、変なところで大げさに驚く田中圭。その友達のことを千葉が、自分(千葉)の方が年上にもかかわらず“おにい”と呼んでいるということを聞き、再び田中は驚く。

そして、GENERATIONSを迎えてのトーク収録がスタート。早速、田中が「雄大が“おにい”って呼んでいるのはどなたですか?」と聞くと、片寄涼太が挙手し「4年前に『兄に愛されすぎて困ってます』という映画で共演させていただいてから、仲良くさせてもらっています」と説明。補足するように千葉が「役柄的に”おにい”って呼ぶ間柄だったので、今もそのまま呼ばせてもらっています。今日も”おにい”でお願いします」というと、片寄は「僕は“千葉さん”って呼んでいるので、僕も今日も千葉さんで」と謙虚な姿勢を見せる。

トークでは、全員がLDHが運営するダンススタジオ「EXPG STUDIO」出身ということで、各メンバーがLDHに所属するまでの軌跡や関係性、葛藤に満ちたデビュー直後のことなど、幅広く語る。ここでEXPGでインストラクターをしていた中務裕太がMC2人に「ジゴロ」という基礎的なダンスレッスンを行い、田中は苦戦しながらもなんとか食らいつく。

続いてはボーカルの数原龍友と片寄が過去の挫折を語る。GENERATIONSとして始動をすることになった時、メンバーは苦悩しており、葛藤が続くグループに変化をもたらしたのが、ある楽曲だったという。GENERATIONSが披露する「BLOOD SONG」は、グループのターニングポイントとなったDEEPの楽曲。さらにもう1曲を披露する。

『smash. presents MUSIC BLOOD』
日本テレビ系
2021年10月1日(金)後11・35~深0・05

この記事の写真