• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

山田裕貴×秋田汐梨インタビュー!『ホームルーム』

山田裕貴×秋田汐梨インタビュー!『ホームルーム』

学園サイコ・ラブコメ「ホームルーム」が実写ドラマ化。「ラブリン」の愛称で親しまれている爽やかイケメン教師・愛田凛太郎を演じる山田裕貴さん、愛田先生のクラスの生徒の桜井幸子を演じる秋田汐梨さんにインタビュー。

山田裕貴×秋田汐梨インタビュー

◆まず山田さん、初めて演じる教師役が変態教師という…(笑)。

山田:引き受けるのになかなか勇気がいる役ですよね(笑)。僕は面白い役をやりたいと思っているので、迷いなくこの作品に飛び込みました。ただこの役を演じるに当たって、汐梨ちゃんにいろんなことをしてしまうので、嫌われないか心配でした(笑)。

◆秋田さん演じる幸子は、そんな変態教師の愛田先生に好意を寄せる役どころですね。

秋田:お話を頂いてから原作を読ませていただいたんですが、本当に地上波で放送できるのかなっていうシーンがたくさんあって(笑)。でも、すごく面白くて、続きが気になる作品でした。初めは幸子の気持ちが理解できなくて不安だったんですが、演じるうちに自然と理解できるようになっていって。最後のころには自分から愛田先生へ寄っていくくらい、幸子になっていました。

山田裕貴×秋田汐梨インタビュー

◆お2人はそれぞれの役柄についてどう捉えていますか?

山田:原作では英語の教師ですが、本作では幸子のような天然素材を愛している美術の教師です。母親に虐待を受けたであろう過去から愛情がどういうものか分からず、愛情表現の仕方が変わってしまった悲しい人間に見えたら…と思って演じました。一方で幸子の家庭環境も屈折しているので、ラブリン(愛田先生)は運命の相手だと思ってしまったのかな。

秋田:幸子は愛田先生のことが大好きで、いろんな障害がありつつも一途に先生を思い続けられる純粋な子。だから演じる上でもあまり深く考えず、初めて台本を読んだときの気持ちを大切に演じようと思いました。だんだんと彼女の気持ちが分かってくると、自分でも「今のシーン、大丈夫だったな」と思えるような“幸子になれる瞬間”もあって、少しだけ自信がつきました。

◆1話から愛田先生が幸子の部屋に忍び込むシーンもありますが、あそこはどのような感じで撮影されたんですか?

山田:自由にやってました(笑)。汐梨ちゃん本人も悪い気はしないラインを狙いつつ攻めました。本当はもうちょっといろいろしたかったんですけど…。あ、これはラブリン的にはですよ!?(笑)

秋田:山田さんの動きが全然想像できなかったです! 感情でお芝居されているからだと思うんですけど(笑)。

山田:セリフは決まってるけど、動きはアドリブだったもんね。心が動いた時には思ったことを言ってたし、動いてたかな。本能のままにというか(笑)。“入ってる”って、こういう感じのことを言うのかなっていう感覚でした。

山田裕貴×秋田汐梨インタビュー

◆撮影の合間はどのようにコミュニケーションを取られてましたか?

山田:本読みと初日の撮影で、汐梨ちゃんは人見知りなのかなと感じて(笑)。でも、ラブリンと幸子の関係性もあるし、年も13歳離れているから、僕からガンガン話しかけました。

秋田:山田さんが出演されている作品をいくつか見ていたんですが、もちろん愛田先生とは全然違う役柄だったので、どういう方なのか想像できなくて…。でも現場では、私だけでなくスタッフさんともたくさんコミュニケーションを取られて、皆さんを1つにまとめる天才みたいな方で。授業のシーンでも生徒全員に本当の先生のようにお芝居のアドバイスをしてくださったりして、山田さんのことを嫌いな人は、この世に1人もいないだろうなっていうぐらいの方だと思います。

山田:結果“いい人”っていう…(笑)。でも、めちゃくちゃうれしいですね。一応、主演としてやらせていただいているので、汐梨ちゃんだけでなく、生徒たちみんなに「このドラマに出てよかったな」って思ってもらえるような楽しい現場になればいいなって思って声を掛けるようにしていました。若林(拓也)君は「お芝居を始めたばかりでまだまだなんです。今日も一日悔しかったです」って言っていて。そういうのを聞くと「俺も昔そうだったな~」と懐かしくなりましたね。朝ドラで一緒だった富田望生ちゃんは、普段から明るいしお芝居もすごくしっかりしているから頼もしかったですね。

秋田:毎日「お昼おいで」って言ってくださって、そこでいろんな話もできましたし、「話しかけてもいいんだ!」って思えたのがすごく大きかったです。

山田裕貴×秋田汐梨インタビュー

◆山田さんは、本作と『SEDAI WARS』、同時期に2作品で主演ですね。

山田:これ、舞い上がってもいいんじゃないかっていうくらい異例なことかもしれないですけど、見ていただかないと意味がないので、舞い上がらないようにしています。『SEDAI WARS』は、めちゃくちゃ気弱でやる気もない普通の人。これまで悪い役か、明るい役のどちらかが多かったので、普通の人や変人を演じてみたかったんです。その両方を用意してくれたMBSさんには感謝してます(笑)。どちらも自分自身が入り込めた作品なので、ぜひ見てほしいですね。

◆最後に見どころを教えてください。

秋田:原作のファンの方にはもちろん見ていただきたいですし、普段恋愛ドラマをご覧にならない方も、この作品は単なる恋愛ドラマではない魅力があると思うので、一度見ていただきたいです。私自身もこういうジャンルの漫画は読んだことがなかったんですが、今ではすっかり原作のファンで放送が楽しみです。2話以降ではキャラクターごとの心情が見えてきて、ハラハラしながら楽しめるはずです。

山田:自分だけが幸子のヒーローになるために、いろいろ自作自演のいじめを仕掛けていたはずなのに、他にもいじめてる人が現れて、ラブリンがめちゃくちゃ慌てます。その慌てぶりを見て楽しんでいただけたら。でも、最終話まで見たらみんな泣いてるかもしれませんけど(笑)。

■PROFILE

山田裕貴
●やまだ・ゆうき…1990年9月18日生まれ。愛知県出身。ドラマ『海賊戦隊ゴーカイジャー』で俳優デビュー。現在放送中のMBS/TBSドラマイズム『SEDAI WARS』でも主演を務める。映画「嘘八百 京町ロワイヤル」「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」「燃えよ剣」「ヒノマルソウル」が待機中。

秋田汐梨
●あきた・しおり…2003年3月19日生まれ。京都府出身。主な出演作にドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』、映画「賭ケグルイ」「惡の華」など。雑誌「Seventeen」の専属モデルも務める。

■ドラマ情報

ドラマ特区『ホームルーム』

MBS
毎週木曜 深0・59~

tvk
毎週木曜 後11・00~

チバテレ
毎週金曜 深0・00~

テレ玉
毎週水曜 深0・00~
※放送日時は変更の可能性があります

<配信情報>
見放題独占配信:ビデオパス・スマートパスプレミアム・J:COMオンデマンド・milplus
無料見逃し配信:TVer、MBS動画イズムほか

<キャスト&スタッフ>
出演:山田裕貴/秋田汐梨
富田望生 横田真悠 大幡しえり 若林拓也 綱啓永
豊原江理佳 渡辺碧斗 ウメモトジンギ 青山隼
前野朋哉 山下リオ

原作:千代『ホームルーム』(講談社「コミックDAYS」連載中)
監督:小林勇貴
脚本:継田淳
制作:ロボット
製作:「ホームルーム」製作委員会・MBS

公式Twitter:@homeroom_drama
公式Instagram:homeroom_drama
公式サイト:https://www.mbs.jp/homeroom_drama/

©「ホームルーム」製作委員会・MBS
©千代/講談社

●text/田中ほのか

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える