奥平大兼インタビュー「見たことがない世界で興味が湧きました」『恋する母たち』 | TV LIFE web

奥平大兼インタビュー「見たことがない世界で興味が湧きました」『恋する母たち』

特集・インタビュー
2020年10月16日

奥平大兼インタビュー

金曜ドラマ『恋する母たち』で、吉田羊さん演じる母・優子の息子・大介役でドラマ初出演を果たす奥平大兼さんに、役どころや、理想の大人像などを伺いました。

見たことがない世界で興味が湧きました

◆本作がドラマ初出演となる奥平さん。出演が決まった時はいかがでしたか?

映画「MOTHER(マザー)」を経験して少し自信がついたので、出演が決まった時はうれしかったですね。「ドラマの現場を経験できるんだ!」という喜びが強かったです。

◆誰にも言えない秘密と悩みを抱えた母親たちのラブストーリーと少し大人の世界が描かれていると思いますが、台本を読んだ時はどんな印象を受けましたか?

母親が恋に落ちるという、自分では見えない、見たことがない世界なので興味が湧きました。自分の母がドラマと同じ立場だったらと考えると、ちょっと見方が変わりますけど…(苦笑)。3人の母親がメインのストーリーですが、その夫たち、息子たちの話も描かれるので、すごく面白いお話になっています。僕が演じる大介の物語もあるので、個人的にはそこを注目してほしいですね(笑)。

◆引きこもりの高校生という役を演じるに当たってはどんな準備をされましたか?

僕は大介のようにすごく頭がいいわけではないし、自分の家族に対して大介が抱いているような感情を持っていないので、せりふ1つをとっても「何でこんなことを言うんだろう?」と悩みました。大介を100%理解するのは難しいと思い、大介に近い役が出ているドラマを見て、それを参考に役作りをしました。大介はきっと地頭がとても良くて、見えないところでちゃんとやっているんだろうな、とか想像しながら演じています。

◆両親役の吉田羊さん、矢作兼さんとは共演シーンも多いと思います。ご一緒されてみていかがですか?

矢作さんは父親役として大介が時間を共にするシーンが一番多いんですが、カメラが回っていない時もコミュニケーションをとってくださって。そのおかげで本番でも同じ空気感で親子のように話ができています。吉田さんとはまだ一緒のシーンがないんですが、やはり合間には声をかけてくださったりして、本当に優しい両親です(笑)。

  1. 1
  2. 2