超学生インタビュー「デビューそのものの緊張感よりも今はこれからどんな世界が待っているんだろうというワクワク感のほうが勝っています」

特集・インタビュー
2022年11月04日

◆歌う中で特にこだわった部分は?

高いキーでのロングトーンですね。超学生の楽曲は基本的にキーが低い曲ばかりで。これまで高音で歌い続ける曲がなかったので、今回のために何度も練習しました。あと、この曲は裏で鳴っている楽器の音が壮大なんです。例えばサビではバイオリンの音が何層にも重なっていたりして。僕の声も楽器の音と一体となって聴こえるように意識して歌いましたが、その甲斐あって重厚感が出せたのではないかなと思います。

◆ご自身で音を作られていることもあって、一音一音大切に聴かれているんですね。

よくアニメは映像と違って、偶然が起こらないと言うじゃないですか? 落ち葉が一枚落ちるシーンにしても、映像の場合はたまたま撮れることもあるかもしれないけど、アニメの場合はそういった絵を描くから落ちるわけで。音楽もアニメと似たところがあるんじゃないかなと思うんです。今回は生楽器の演奏なので、もしかしたら効果的に聴こえるノイズが偶然入っている可能性もありますが、基本的には意図的に入れたものだと思うので演奏してくださった方たちの思いやメッセージ性を感じながら歌いたいなと思っています。

◆レコーディングでは、作詞作曲を担当された松隈ケンタさんからどんなディレクションを受けましたか?

主に発音についてですね。例えば“か”の場合は「CA」なのか「KA」なのか、“た”の場合は「た」なのか「つぁ」なのかとか。難しさはありましたが、僕も“歌ってみた”の中で楽しんでやっている部分だったので松隈さんとの新たな共通点を見つけられたような気がしてうれしかったです。合間には『BLACK SUN』についての松隈さんの思いも聞かせていただくことができて、とても貴重な時間でした。

◆特に苦戦する部分もなく?

そうですね。普段とは違って音も既に決まっていましたし、松隈さんのビジョンも定まっていたので僕がそれに応答するような形で。考えて来たものと松隈さんの思いを掛け算的な考え方ですり合わせながら進めていきました。変な緊張感もなく、とてもクリエイティブな場所だったんじゃないかなと思います。

◆取材時は「Did you see the sunrise?」が流れる予告編のみ公開されている段階ですが、現時点での反響はいかがですか?

不安でしたが、ファンの皆さんから「前奏と超学生の声がマッチしていていい」というお声をいただけてホッとしています。皆さんに喜んでいただけることが何よりなので、そういった声を聞いて“もう何も恐れることはないな”と。本編が配信されたあとにあらためていろんな方からの声を聞くのが楽しみです。

◆ご自身の思う聴きどころを教えてください。

歌い出しは優しい好青年のような雰囲気で入るんですが、直後にガラッと変わる緩急が面白いと思っていて。それこそライダーの変身のように、感情や表情の違いを表せたらいいなと思いながら歌いました。超学生は荒々しい歌い方が得意なので、そこにも注目していただきながら楽しんでいただけたらと思います。

  1. 1
  2. 2
  3. 3