宇多田ヒカルがマツコと初共演!『マツコの知らない世界SP』出演のために来日 | TV LIFE web

宇多田ヒカルがマツコと初共演!『マツコの知らない世界SP』出演のために来日

バラエティ
2019年12月17日
『マツコの知らない世界SP』

 2020年1月3日(金)放送の『マツコの知らない世界SP』(TBS系)に、宇多田ヒカルが出演することが決定した。宇多田は今回がマツコ・デラックスと初共演となる。

『マツコの知らない世界SP』

 ロンドン在住の宇多田は、この番組に出演するために来日。「普段テレビはあまり見ないのですが、この番組はよく見ています。すごくうれしい、ウソみたいです」と心境を語ると、マツコは「見てくださっているのはありがたいけれど、こんな番組に出ちゃダメよ。(宇多田のことは)お母さん込みで好きなんです。お母さんの話をしだしたら、止まらなくなるからね私」と。

 バラエティ番組への出演経験はほとんどない宇多田は「自分のプロフィールが書いてあるフリップを持ったのは初めて!楽しいです」と語り、番組のテーマソングを口ずさむ場面も。マツコは「そんなの歌うくらいなら1曲歌って!もったいない!」とリクエストするなど、初共演ながら和気あいあいで収録が進んだ。

 マツコは宇多田の日常にも触れ、ロンドンでの生活や交友関係、恋愛観についてなど“謎の私生活”が明らかに。さらに、母・藤圭子との思い出や、現在の子育ての様子についてなど、次々と話題が広がっていく。

 宇多田はマツコの印象について「マツコさんは知的で優しい、勘の鋭い方というイメージ。どんなニッチなテーマでも内容を掘り下げていけるマツコさんは、どんな変化球でも暴投でもキャッチできるスーパーキャッチャーみたいな人」と。

 「今日いろいろと聞いて、悔しかった!これが…だから宇多田ヒカルなんだ」と宇多田の新たな側面に驚きを見せたマツコ。宇多田は「なんかすごい熱弁しちゃった」と語り、マツコは「私もごめんなさい、普通に飲み屋で話してるみたいになっちゃった」と収録を振り返った。

 このほか、およそ2年半ぶりの登場となる体当たり家電ライター・藤山哲人さんが語る“ほったらかし”でおいしい料理が作れる「ほったらかしグルメ家電の世界」や、ファストフード・コンビニ・ファミレス・カラオケ・回転寿司などさまざまなチェーン店のフライドポテトを食べ尽くした岡本智博さんが語る「チェーン店フライドポテトの世界」を送る。

『マツコの知らない世界SP』
TBS系
2020年1月3日(金)後9・00~

©TBS