大江千里がNYの自宅からステイホーム中に生まれた新曲を披露『サワコの朝』6・13放送 | TV LIFE web

大江千里がNYの自宅からステイホーム中に生まれた新曲を披露『サワコの朝』6・13放送

バラエティ
2020年06月12日
『サワコの朝』

 6月13日(土)放送の『サワコの朝』(MBS/TBS系)は、ジャズピアニストの大江千里がニューヨークの自宅からリモート出演する。

 シンガーソングライターとして活躍し、「格好悪いふられ方」などの名曲で人気を博した大江。そんな中、47歳の時に一念発起。ジャズを学ぶことを目的に、名門大学があるニューヨークへ移住し、52歳にして念願だったジャズピアニストとしてのデビューをかなえた。近年は、アメリカのジャズフェスティバルに招待されるなど高く評価され、本場・ニューヨークで活躍している。

『サワコの朝』

 今回は、大江がニューヨークの自宅からリモート出演。今年3月に新型コロナウイルスの影響でロックダウンしたニューヨークの街の様子や、レディー・ガガをはじめさまざまなアーティストが名を連ねた医療従事者支援イベントに参加した際のエピソードを語る。

 また、ステイホーム中に励んだ作曲活動の中で生まれ、AP通信が選んだ「コロナ禍での中で作られた40曲」にボン・ジョヴィやクイーンなどのビッグアーティストと共に選ばれた新曲「Togetherness」を披露する。47歳にして日本でのキャリアを捨て、第二の人生に挑んだ大江が、今、思うことを阿川佐和子に語る。

『サワコの朝』

『サワコの朝』
MBS/TBS系
2020年6月13日(土)前7・30~8・00

©MBS