嵐・松本潤が『関ジャム』初ゴールデンSPで“ライブ演出”の秘密を語る | TV LIFE web

嵐・松本潤が『関ジャム』初ゴールデンSPで“ライブ演出”の秘密を語る

バラエティ
2020年07月20日

嵐・松本潤

嵐の松本潤が、7月29日(水)放送の『関ジャム 完全燃SHOW』ゴールデンSP(テレビ朝日系 後8・00)にゲスト出演する。

初のゴールデンとなる今回は、松本が初出演。嵐のライブ演出を担当し、可動式のステージ「ムービングステージ」を日本で初めて取り入れた張本人でもある松本を通して、“ジャニーズのライブ演出”の秘密をひもとく。

番組では、松本に徹底取材を敢行。昨年デビュー20周年を迎え、それを記念したツアーも開催した嵐だが、松本は「ピークが20周年のライブだと言われるのは、すごくイヤ」ときっぱり。松本がジャニー喜多川さんから受け継ぎ、そのエンターテインメント魂の奥底に息づく“ジャニーズイズムの神髄”が浮かび上がる。

スタジオには、DREAMS COME TRUEの中村正人も登場。ドリカムのライブ演出を担当する中村や、関ジャニ∞のライブ演出を担当する大倉忠義による分析も必見だ。

ほかに“アーティストやジャニーズメンバーが選ぶ、歴代ジャニーズNo.1ソング”特集として、椎名林檎、スガシカオ、いきものがかり・水野良樹、秦基博らがジャニーズの楽曲を深掘り。東山紀之、KinKi Kidsらのセレクトや、ゲストのヒャダインが選んだ“トンチキソング”も紹介する。

そこで挙がったジャニーズソングの中から、関ジャニ∞がこの日限りのスペシャルセッションを披露。果たして、どの楽曲をパフォーマンスするのか。

『関ジャム』