【24時間テレビ43】井ノ原快彦が明かすメインパーソナリティー5人の結束力の秘密「それぞれのグループでみんな同じ役割を…」 | TV LIFE web

【24時間テレビ43】井ノ原快彦が明かすメインパーソナリティー5人の結束力の秘密「それぞれのグループでみんな同じ役割を…」

バラエティ
2020年08月24日

24時間テレビ

8月22日、23日に日本テレビ系で放送された『24時間テレビ43』でメインパーソナリティーを務めた井ノ原快彦、増田貴久、北山宏光、重岡大毅、岸優太が放送終了後の囲み取材に出席した。

放送を終え、印象に残っていることを聞くと、メインパーソナリティー初挑戦の北山は「終わった時にみんな笑顔だったんですよね。こうやって動くことによって、この先に希望があるなっていうことが自然と表情に出たんじゃないか」とコメント。増田は「いろんな企画、いろんな人の思いを聞くことができて、これからの自分の人生にも大きなヒントになったし、テレビの力ってすごいなってあらためて思いました」と笑顔で語った。

“5人のチームワークを感じた瞬間”について、重岡は“夏ソングメドレー”でのマイクトラブルを振り返り、「みんながマイクを渡しに寄ってきてくれた。ハプニングを乗り越えられるのはちゃんとチームワークがあったから」と仲間たちに感謝の言葉を。井ノ原は「あのメドレーは僕らも振り付けが決まっていたけど、本番はちょっと違うノリでやっちゃった部分もあって。それって自分のグループだったらできるんだけど、別々のグループが合わさった時に簡単にできることでもない。何となくそれぞれのグループで、みんな同じ役割をしてきたんだなって感じました」と、共通点を見つけたことをうれしそうに明かした。

生放送ならではの難しさや楽しさについて増田は、「開始15分ぐらいで井ノ原君の対応力が『すげぇ』って思いました」と、長く“朝の顔”を務めた先輩の技術に感嘆。岸も「23日の朝、2人で出させていただいたじゃないですか。何の緊張もしないんですよ、生放送なのに。緊張しないといけないんですけど、井ノ原さんがいらっしゃると全く緊張しないんです。そんな感覚、初めてです」と井ノ原キャプテンの頼もしさを明かした。

“新たな日常での1回目”として例年とはひと味違う『24時間テレビ』だったが、井ノ原は「カメラの向こう側にどういう方がいらっしゃるのか、リモートで出演してくださる方とどうやりとりをするのか、そういう想像力をかき立てられる『24時間テレビ』で、より繋がれた気がしました」と手応えを語った。

番組情報

『24時間テレビ43』
日本テレビ系
2020年8月22日(土)後6・30~23日(日)後8・54

テーマ:「動く」
メインパーソナリティー:井ノ原快彦(V6)、増田貴久(NEWS)、北山宏光(Kis-My-Ft2)、重岡大毅(ジャニーズWEST)、岸優太(King & Prince)
24時間テレビサポーター:徳光和夫
総合司会:羽鳥慎一、水卜麻美(日本テレビアナウンサー)