J.Y. Parkが語る“NiziUの瞳が輝いている理由”に目の輝きを失ってしまったマツコが興味津々 | TV LIFE web

J.Y. Parkが語る“NiziUの瞳が輝いている理由”に目の輝きを失ってしまったマツコが興味津々

バラエティ
2020年09月11日

マツコ会議

9月12日(土)放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)は、NiziUを生んだ世界的音楽プロデューサー・J.Y. Parkが韓国のスタジオから出演する。

2PMやTWICEなど数多くの有名アーティストをプロデュースしてきたJ.Y. Parkだが、日本ではオーディション番組『Nizi Project』によって認知度が急増。「どうしてNizi Projectを始めてみようと思ったのか?」というマツコ・デラックスの問いかけに、「次のステージでは、海外の人材でアーティストをプロデュースしてみたいと考えていた」とコメント。海外でプロデュースをするには、その国の文化と言葉を理解することがとても重要だと話し、実際にJ.Y. Parkは『Nizi Project』で参加者とコミュニケーションを取るため、日本語を勉強していたと明かす。

そんな『Nizi Project』に参加していた彼女たちの目が輝いている理由は一体何なのか。既に目の輝きを失ってしまったと語るマツコは、どうしたら彼女たちのように目が輝くようになるのかと疑問を投げかける。

いっぽう、デビューのきっかけを聞かれたJ.Y. Parkは、もともと歌手を志してはおらず、自分に音楽の才能があるとも思っていなかったと回答。大学2年のころ、クラブに遊びに行った際に有名歌手のバックダンサーとしてスカウトされたことがデビューのきっかけだと話し、自身の職業観についても熱く語る。

自分が好きなことを職業に出来ていることに感謝しているというJ.Y. Parkは、毎朝起きた時に、どうやったらこの仕事を一生続けられるのか考え、徹底的に自己管理を心掛けていると語る。そんな彼が一番怖いと感じるのは、周りの人からみて「近づきにくい人」になること。親しみやすく感じてもらい、みんなとフランクなコミュニケーションができてこそ、共感できる音楽を作れるという考えが数多くの名曲を生み出していることが明かされる。

さらに、餅が好きでゴリラに似ていると理由からつけられた「餅ゴリ」というニックネームについて、実際はどう思っているのか語る。

マツコ会議

番組情報

『マツコ会議』
日本テレビ系
2020年9月12日(土)後11・00~11・30