『ひかくてきファンです!』かまいたちをファンが絶賛&ダメ出し | TV LIFE web

『ひかくてきファンです!』かまいたちをファンが絶賛&ダメ出し

バラエティ
2020年09月23日
『ひかくてきファンです!』
『ひかくてきファンです!』

今田耕司と指原莉乃がMC、EXITがサブMCを務める『ひかくてきファンです!』(テレビ朝日系(水)深0・15ほか)が9月23日に最終回を迎える。

人や店、物などさまざまなジャンルのファンをあらゆる角度から比較し、魅力を深掘りするトークバラエティ。最終回はかまいたちの山内健司、濱家隆一とそのファンが登場する。

『ひかくてきファンです!』

かまいたちについて、ファン歴3年の熊谷さんは「テレビでは見せないユル過ぎる面白さがある」と紹介。YouTubeやスマートフォンのアプリ用コンテンツでおかしな動きをする濱家の姿に今田は驚き、指原も「濱家さんってこんなにはしゃぐことあるんですね! 初めて見る姿です!」と衝撃を受ける。

ファン歴7年の志野さんは、「かまいたちのスゴさは“ロケ職人”と言われるほどの天才的なロケ技術」と紹介。ラジオでもロケをしているというかまいたちは、漁港の設定で“超絶テク”を披露する。

さらに、志野さんは「同じ漫才なのに2人の設定が逆になっていることがある」と紹介。その2パターンの漫才を見た兼近大樹は、「マジですごい! 勉強になるわ~!」と脱帽。濱家は「実はボケとツッコミが代わっていたりもします」と明かす。

その一方で、志野さんは「山内さんは最近サボッてると思います。全然体を張っていない!」と手厳しくダメ出し。大阪時代の山内が“ひたすら罰ゲームを受け続ける”という志野さんオススメの映像集には、今田らも大爆笑。ファン歴12年のまやこさんからは、当時のヤバ過ぎるエピソードも飛び出す。まだ人気がなかった山内が取った衝撃の行動とは…。

『ひかくてきファンです!』

かまいたちの東京進出の際には、応援しつつも「このまま東京に行ってしまうんやろうなぁ…」と寂しさも感じていたというまやこさん。しかし、かまいたちが東京でのブレークの足がかりになると意気込んで臨んだ番組は、わずか1年で終了。東京進出に失敗し、その番組の最終回で涙を流す山内の姿を見て、「大阪で支えてあげなあかんと思いました」と振り返る。

ラストには、そんなまやこさんがかまいたちへの思いをつづった手紙を披露。愛あふれる言葉の数々に、かまいたちも胸を打たれる。