キスマイ横尾渉、千賀健永らが“金秋戦”決勝へ!予想外の大波乱が勃発!?『プレバト!!』11・12放送 | TV LIFE web

キスマイ横尾渉、千賀健永らが“金秋戦”決勝へ!予想外の大波乱が勃発!?『プレバト!!』11・12放送

バラエティ
2020年11月12日

『プレバト!!』

11月12日(木)放送の『プレバト!!』(MBS/TBS系)は、名人・特待生のみが参戦する俳句タイトル戦「金秋戦」の決勝を送る。

前回大会でシード権を獲得している、藤本敏史(FUJIWARA)、立川志らく、三遊亭円楽、永世名人・梅沢富美男ら4人が、10月28日、11月5日放送の予選で勝ち上がった横尾渉(Kis-My-Ft2)、中田喜子、千原ジュニア、千賀健永(Kis-My-Ft2)、森口瑤子の5人を待ち受ける。

『プレバト!!』

今大会では欠場となった東国原英夫や、予選脱落となった村上健志(フルーツポンチ)らが決勝に参戦しないことで、優勝を手にしたのも同然と余裕をうかがわせる永世名人の梅沢。

そんな梅沢に対し、藤本は「(夏のタイトル戦の優勝は)ただの優勝じゃないんですよ。永世名人の梅沢さんに勝っての優勝なんですよ!」と言い、夏の炎帝戦優勝で自信をつけ連覇を目指す。

さらに、予選を補欠枠で突破したジュニアは「僕はこの中では一番レベルが低いわけですから、優勝したら盛り上がりますね!」と下克上の展開に期待するが、前人未踏の偉業を成し遂げることはできるのか。

『プレバト!!』

夏井いつき先生から出題されたお題は「7時過ぎの時計」。「どこから発想すればいいのか…」と苦戦した声も多い中「レベルがものすごく上がっている」と全体を総評する夏井先生。わずかな取りこぼしが命取りとなるタイトル戦で予想外の大波乱が勃発する。

番組情報

『プレバト!!』
MBS/TBS系
2020年11月12日(木)後7・00~8・00

©MBS