10周年の“運動神経悪い芸人”にニュースター誕生!?『アメトーーク!』年末5時間SP | TV LIFE web

10周年の“運動神経悪い芸人”にニュースター誕生!?『アメトーーク!』年末5時間SP

バラエティ
2020年12月29日

『アメトーーーーーーーーーーク年末5時間SP』

12月30日(水)の『アメトーーーーーーーーーーク年末5時間SP』(テレビ朝日系 後6・30~11・30)は、人気企画4本立てで放送される。

誕生から10周年を迎えた“運動神経悪い芸人”では、新たに中川翔子、三島達矢(すゑひろがりず)、酒井尚(ザ・マミィ)を加えたメンバーによるオール新作の衝撃珍プレーを公開。バスケットボールでは、「スポーツする時、力の入れ方がよく分からない」という酒井がこの企画10年の歴史の中で初めての事態を巻き起こし、「とんでもないやつが現れた!」と一同のド肝を抜く。

『アメトーーーーーーーーーーク年末5時間SP』

水泳では、「ヒザ神」こと村上健志と「ガチ王」「水神様」こと松尾陽介(ザブングル)がぺアとなり潜水で股くぐりに挑戦。期待を裏切らない、“これぞ笑いの神降臨!”という奇跡を生み出す。おなじみの“超VIP”も登場するほか、小学4年生の女の子との対決も実施。女の子は75メートル、芸人は3人で25メートルという超ハンデ戦だったが、思わぬ展開で最後まで熱戦に。

「絶対に負けられない団体戦2020」では、高橋茂雄(サバンナ)率いる赤組と後藤輝基(フットボールアワー)率いる青組がバトル。走り幅跳びでは村上がヒザ神の真骨頂と言える、見事な“走り刺さり”を披露。ラグビーのパントキックの合計飛距離でも競い合う。

このほか番組では、“さんまVS売れっ子若手芸人”“年末大売り出し!家電芸人”“アメトーーク大賞”が放送される。

©テレビ朝日