花江夏樹が『はじめてのおつかい!』名物企画でナレーションを担当「こんな光栄なことはありません」 | TV LIFE web

花江夏樹が『はじめてのおつかい!』名物企画でナレーションを担当「こんな光栄なことはありません」

バラエティ
2021年01月08日
花江夏樹
花江夏樹

1月9日(土)放送の『はじめてのおつかい!笑って泣いての大冒険スペシャル』(日本テレビ系 後7・00~9・54)で、人気声優の花江夏樹がナレーションを務めることが発表された。

番組初参加の花江がナレーションを務めるのは、おつかいに挑戦した子供たちの驚きの成長を伝える名物企画「あれから何年…」。

『はじめてのおつかい!笑って泣いての大冒険スペシャル』

背中にかごを背負っておつかいをするしっかり者の兄・桔平(きっぺい)君とマイペースな妹・姫楽(きら)ちゃん。2人はお母さんの実家から届いた魚をご近所さんにおすそ分けへ。しかし、姫楽ちゃんはお母さんと離れて寂しくなったのか、一人で家に戻ってしまう。そんなおつかいから9年。その後の様子を花江のナレーションで伝える。

『はじめてのおつかい!笑って泣いての大冒険スペシャル』

他にも、かつてお母さんのバースデーケーキのおつかいに「渡し船」に乗って行った兄妹が登場。元気いっぱい兄・新悟(しんご)君に連れられた甘えん坊の妹・乃江(のえ)ちゃんが次第にぐずり出し、帰りの渡し船が目の前で出発…。次々とピンチに襲われたおつかいから25年。成長した兄妹はスタジオ出演者があっと驚く職業に就いていた。

『はじめてのおつかい!笑って泣いての大冒険スペシャル』

さらに、天国にいるお父さんのためにおつかいをした京都市に住む南美(みなみ)ちゃんのその後も。お父さんは南美ちゃんが2歳のときに白血病で亡くなった。お父さんからお母さんへのプレゼントのオルゴールは宝物だったのに、お友達の家に忘れてしまい、取りに行くことに。涙をこぼしながら一歩ずつ歩き出す南美ちゃん。あれから18年がたち、南美ちゃんはあるスポーツの日本一を決める大会に出場。東京オリンピックの代表候補選手として活躍していた。その模様を花江が伝える。

花江夏樹 コメント

小さい頃から観ていた番組のナレーションをさせて頂けるなんて、こんな光栄なことはありません。当時小さかった子供たちが立派に成長している姿を見てうれしい気持ちになりましたし、自分の子供もいろいろな経験をして成長していくんだなと思うと涙が出ました。放送をお楽しみに!