相葉雅紀が新春恒例餅つき!小峠英二&澤部佑と「3人で餅つきのバイトを始めようか!?」 | TV LIFE web

相葉雅紀が新春恒例餅つき!小峠英二&澤部佑と「3人で餅つきのバイトを始めようか!?」

バラエティ
2021年01月10日

『相葉マナブ』

相葉雅紀が、1月10日(日)放送の『相葉マナブ』(テレビ朝日系 後6・00)で新春恒例企画“マナブ餅つきスペシャル!”を行う。

相葉がつきたての餅で絶品料理を作るというこの企画。5回目となる今回は、以前も番組で世話になった農家をバイきんぐ・小峠英二、ハライチ・澤部佑と共に訪れる。

まずは農家自慢のもち米を蒸し、その間に極上のあんこ作りに挑戦。もち米が蒸し上がると相葉は早速試食し、そのおいしさに「これから主食、もち米にしようかな…」とつぶやくほど感動する。

続いては餅つき。相葉と小峠が勢いよく杵を振りおろし、澤部は絶妙なタイミングで臼の中の餅を返しては整える。あうんの呼吸で進み、相葉は「3人で餅つきのバイトを始めようか!?」とノリノリに。つきたての餅は七輪で焼いて定番の磯辺焼きにするほか、大福やおしるこなども作って味わう。

さらに、3人は今年番組でどんなことをしたいかトーク。さまざまな案が出る中は、相葉は「〇〇が好きだから、〇〇採りをしたい!」と熱望。小峠の地元でもその〇〇が採れると分かり、「行きたいなー」とますます思いを強くする。

©テレビ朝日