ジャニーズWEST藤井流星&小瀧望の“ツインタワー”がお化けの演技に挑戦『リア突WEST』

バラエティ
2021年02月13日

『リア突WEST』

2月13日(土)放送の『あなたの代わりに見てきます! リア突WEST』(ABCテレビ 深0・35~1・05)で、番組初の組み合わせとなる藤井流星と小瀧望がロケを担当する。

この番組は、ジャニーズWESTのメンバーがペアを組んで日本全国のさまざまな“理解不能”な人や場所、通称「リア突案件」を突撃取材していくバラエティ。

2月13日放送回では、藤井と小瀧が数々の有名お化け屋敷を手掛けるプロデューサー率いる「人を恐怖に陥れる泣く子も黙る最恐軍団」の元へ向かう。

『リア突WEST』では初となる2人のロケに、スタジオでVTRを見て初めてその回のロケ内容を知る他メンバーからは「ツインタワーや!」という歓声が上がる。その声に調子づいた藤井が「スタイルいいな~、2人とも」とご満悦で返すと、それには薄いリアクションで、桐山照史から「一番恥ずかしいやつや(笑)」とツッコまれる。

実際にお化け屋敷を訪れ、お化けの演技を会得していくオープニングVTRを見終えた時点で、小瀧は「正直、撮れ高はあった」と自信満々。

そんな中“ツインタワー”と呼ばれつつ、この番組ではムチャぶりをされたりもてあそばれたりと、すっかり“バラエティ担当”と化しているが、「イヤな気はしない」とまんざらでもない反応を見せる藤井。いっぽう毎回のように即興ギャグを披露する羽目になり、“ギャガー担当”と呼ばれる小瀧は「そろそろしんどいよ?」とつらさを訴える。

プロデューサーからお化けとしての演技の極意を学んでいく藤井と小瀧。レクチャーを受けながら懸命に演じるも、いまいち高評価を得られない小瀧は「絶対ハネへんって分かってるチャレンジってこわない?」と怖気づきながらも全力でやり切る。かたや藤井の渾身の演技には、スタジオの重岡大毅から「さすがバラエティ担当っすね!」との声が上がる。

ラストは、オーディションで選ばれた藤井と小瀧のどちらかが重要なお化け役を担い、実際にお客さんを驚かすことに。自らを“憑依型”という小瀧に続き、藤井が演技を披露すると、中間淳太は「イケメンのやつや! かっこいいな~」と絶賛する。

『あなたの代わりに見てきます! リア突WEST』
ABCテレビ(関西ローカル)
2021年2月13日(土)深0・35~1・05
TVer、GYAO!で見逃し配信

©ABCテレビ