『アインシュタインの愛シタイン』が特番で復活 A.B.C-Z河合郁人と河井ゆずるの“カワイ”対決も

バラエティ
2021年06月15日

『アインシュタインの愛シタイン大復活SP』

アインシュタインの冠番組『アインシュタインの愛シタイン大復活SP』(MBS/関西ローカル)が6月27日(日)後1時54分から2時間特番として復活することが決定した。

『アインシュタインの愛シタイン』は、アインシュタインの2人がより「愛される」芸人を目指すため、したいこと=「シタイン」をとことんやり尽くし、自分たちを磨いてさらに自身を愛せるようになりたいという2人の成長を見守るバラエティー番組。

今年1~3月にアインシュタインの地上波初冠番組として木曜深夜にレギュラー放送され、今回1日限りの特別番組として復活する。

特番は豪華3本立てで、3つの「シタイン」を放送。ゲストとして、ハイヒール・モモコとA.B.C-Zの河合郁人が登場する。

「もっとキモくなりタイン」では、見た目のインパクトには定評のある稲田直樹の“どうせなら誰も手が届かないくらい、その道を極めたい!”という想いを実現。一緒にキモくなるゲストとしてハイヒール・モモコが登場し、特殊メイクで人間を超えたある姿に変身する。

2人の特殊メイクを手掛けるのは、日本人で初めて海外の業界雑誌「メイクアップアーティストマガジン」で取り上げられた経験を持つ特殊メイクアーティストの遠藤慎也。メイクが完成した2人は想像以上の姿に大興奮。最後はどちらがよりキモくなったか、トミーズ健とアキナにドッキリを仕掛けて検証する。

稲田発信の「河井が体張るのを見てみタイン」では、何事も器用にこなし、MC的な役回りが多い河井ゆずるが体を張る企画を決行。対決相手には“もう一人のカワイ”こと、バラエティに引っぱりだこのA.B.C-Zの河合郁人が登場。“芸能界の真のカワイ”の座を懸けて「パンストカラオケ」や「足つぼモノマネ」など、際どいゲームで対決する。

河井発信の「サーフィンで波乗りタイン」では、河井が今最もやりたいスポーツ「サーフィン」に挑戦。稲田から「まだ格好つけるのか?」とツッコまれながら、芸人としてより波に乗るべく2人でサーフィンに挑み、最後はカッコよく波に乗って「超男前な1枚」の写真を撮って対決する。

アインシュタイン コメント

◆“2時間特番で復活”と聞いた時の感想は?

稲田直樹:3か月のレギュラー放送が終わってすぐだったんで、「早っ!」ていうのがまずはひとつめでした。

河井ゆずる:「ありがたい」と一緒ぐらいの気持ちで「早っ!」って。

稲田:ほんとにありがたいことなんですけど。

◆ロケを終えて、見どころを教えてください。

河井:レギュラー時代にはなかったゲストの方(ハイヒール・モモコ、A.B.C-Z河合郁人)に来ていただいたりとかバージョンアップ感がすごくある。見どころは僕のシタイン「サーフィンで波乗りタイン」で、文字どおり命懸けの体当たりロケになってしまったところ。

稲田:死ぬかと思いました。そんな予定じゃなかったから余計に怖かった。なんか変な当たり引いちゃいました。

『アインシュタインの愛シタイン大復活SP』
MBS(関西ローカル)
2021年6月27日(日)後1・54~4・00

©MBS