長渕剛登場で上田晋也が涙『くりぃむナントカ』伝説の神回「長渕ファン王決定戦」一挙放送

バラエティ
2021年08月15日

テレビ朝日系で放送されていた『くりぃむナントカ』の人気企画「長渕ファン王決定戦」が、CSテレ朝チャンネル1で8月21日(土)後2時40分より一挙放送される。

同局では、8月22日(日)に「長渕剛 10万人オールナイト・ライヴ2015 in 富士山麓」と、ライブ本番に至るまでの数100日間を追った貴重なドキュメンタリー「100,000 ALL NIGHT LIVE 2015 IN 富士山麓 スペシャル・ドキュメンタリー」、さらに2016年のライブハウスツアー「ONE MAN SHOW 2016」をテレビ初放送する。

“8月22日”は、2015年に富士山麓に10万人を集めた日本の音楽史上空前のイベントとなった「長渕剛 10万人オールナイト・ライヴ2015 in 富士山麓」、5年後の2020年にコロナ禍で苦しむ中、初の配信ライブ「ALLE JAPAN」が行われた、長渕とファンにとっては忘れられない日となっている。

その前日の21日(土)に「長渕剛 40th Anniversary 『2019 太陽の家 LIVE』」と合わせ、『「長渕剛 伝説の 8.22 SPECIAL PROGRAM」応援企画くりぃむナントカ「長渕ファン王決定戦」一挙放送』を送る。

『くりぃむナントカ』は、テレビ朝日で2004年から放送されていたくりぃむしちゅーの冠番組。「長渕ファン王決定戦」は2回放送され、第2回には第1回の放送を見た長渕本人がサプライズ出演したほか、初のカラオケボックスでのライブが実現した。放送後、第1回はDVD化されたものの第2回は配信、パッケージ化もされることがなかったことから、ファンの間では伝説の神回となっている。2006年の第1回放送以来、およそ15年の時を経て超貴重映像が公開される。

第1回大会は、“長渕ファン”のくりぃむしちゅーの上田晋也、ペナルティのワッキー、そしてラグビー元日本代表の大八木淳史が参戦。ものまね芸人・英二による“長渕ライブ”をギブアップせず最後まで見続けられた人が勝利するという企画で対決した。

英二の抜群にうまい長渕のものまねライブに、3人は1曲目の「とんぼ」から大興奮。当然、簡単にギブアップする者などいるはずもなく、戦いは30分番組の収録とは思えない長丁場に。このまま3人同時優勝か、とも思われた決定戦だったが、MCのくりぃむしちゅー・有田哲平は次々と驚きの作戦や刺客を送り込み、三人を窮地に追い込んだ。

続く第2回大会では、上田、ワッキー、大八木の3人が、再び英二によるライブチキンレースに挑戦。前回の反省もあってか、序盤は体力を温存しているかのように見えた3人。しかし、徐々にヒートアップしていき、カラオケボックスの熱気は最高潮に。

そこで有田は、ニセ長渕にファン全員が絶対盛り上がりたい「勇次」を歌わせるなど、次々と刺客を送り込む。心も折れ、体力も尽きた3人からいよいよ脱落者が出るかと思われたとき、長渕本人が登場。誰も予想しなかった事態に3人は目を見開き、上田も「うそ」「なんで?」を連発した。

「番組を見せてもらって楽しかった」という長渕は、3人の熱い思いに喜びを感じ「本人が出たほうが面白いだろう!」と出演が決定。バラエティ番組史に残る事件となった。長渕は「今日は楽しもうよ」と言いつつ、なんと2時間以上も狭いカラオケボックスで「愛してるのに」「お家へかえろう’04」「STAY DREAM」などの名曲をギター一本で披露。そして上田が大好きだという「ろくなもんじゃねえ」では、上田の目から大粒の涙が。初のカラオケボックスライブを終えた長渕と、彼を心から愛するファンの3人とのトークも必見だ。

番組HP:https://www.tv-asahi.co.jp/ch/recommend/nagabuchi0822/

『「長渕剛 伝説の 8.22 SPECIAL PROGRAM」応援企画
くりぃむナントカ「長渕ファン王決定戦」一挙放送』
CSテレ朝 チャンネル1
2021年8月21日 (土)後2時40分~5時

この記事の写真