『SASUKE2021』アッコ軍団が今年も挑戦!年齢も国籍もバラバラの最強軍団が誕生

バラエティ
2021年11月30日
和田アキ子(前列)率いるアッコ軍団「赤虎」。 後列左から本並健治、緒方良行、桑山隆太、マイケル・キダ、伊佐嘉矩

12月28日(火)午後6時から5時間にわたって放送される『SASUKE2021』(TBS系)に、今年もアッコ軍団の挑戦が決定した。

昨年から挑戦している、和田アキ子率いるアッコ軍団。昨年は5人全員が1stステージでリタイアし、悔しさを味わった。昨年の轍を踏まえ、今年は軍団名を「赤虎」と定め、事前オーディションも行い有力選手を集めた。

オーディションの結果「赤虎」の選手となったのは4人。1人目はサッカー元日本代表で、今大会最年長の挑戦者となる本並健治(57歳)。本並は、昨年挑戦して苦渋を飲んだ妻・丸山桂里奈のリベンジに燃える。

2人目は、偏差値70の秀才クライマー緒方良行。数々の世界大会で優勝を果たすスポーツクライミングのトップ選手で今大会の目玉選手の1人だが、実は幼少期に『SASUKE』を見てボルダリングジムに通い始めたという。そんな緒方が己の人生に強く影響を与えた鋼鉄の魔城に挑む。

アッコ軍団「赤虎」の5人。左から桑山隆太、緒方良行、伊佐嘉矩、マイケル・キダ、本並健治

3人目はホリプロ初の男性ダンス&ボーカルグループ「WATWING(ワトウィン)」のメンバーで、今大会最年少挑戦者の桑山隆太(17歳)。チームナンバー1の運動神経を持つ筋肉男子で、今年9月のメジャーデビューから3か月でアッコ軍団入りの栄光を掴んだ。

4人目はホリプロ外国人代表、マイケル・キダ。インラインスケートやブレイクダンスなど多種多彩なスポーツを経験してきた生粋のスポーツ好きにして、日々農作業で身体を鍛えている。遅咲きデビューのマイケルが、アッコ軍団に花を咲かせるか。

そして昨年まで山田勝己軍団「黒虎」から出場していた伊佐嘉矩が「赤虎」に電撃移籍。選手兼監督として赤虎選手たちの指導も行う。3rdステージの常連・伊佐の指導で「赤虎」が1stステージ突破を目指す。

和田アキ子

番組情報

『SASUKE2021』~NINJA WARRIOR~
TBS系
2021年12月28日(火)後6・00~10・57

この記事の写真

©TBS