• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

内博貴も大絶賛!片岡愛之助が初ミュージカルで歌声を披露 

101812_01_R ブロードウェイ・ミュージカル「コメディ・トゥナイト!ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》」の囲み取材と公開稽古が行われ、片岡愛之助、内博貴、平野綾、ダイヤモンド☆ユカイ、上山竜治、ルー大柴、徳井優、松田美由紀、高橋ジョージ、演出家の宮本亜門が出席した。

 トニー賞6部門を制覇した傑作ブロードウェイ・ミュージカルを、宮本亜門の演出で前代未聞となる“江戸版”として描く大プロジェクト。ミュージカル初出演にして初主演をかざる片岡をはじめ、彩り豊かなキャストが顔をそろえた。

「毎日台本や歌詞が変わってくるからドキドキ」と心境を明かした片岡は、初披露となる歌声について「なかなか大変ですね。僕もミュージカルで歌を突然歌われると、感情が途切れてしまうんですけど、そこは亜門さんが上手い具合に芝居から自然に入ってくるように持っていってくださるので。家ではセリフを覚えないといけないので、車の中で歌ってます」と。そんな片岡をミュージシャンとしても活躍する高橋は「すばらしい!本当にびっくりする」と絶賛。ユカイも「もしかしたらこっち(片岡)がプロなんじゃないかって」と感心していた。また、初共演となる内からも「歌声を聞いたときに本当に初めてなのかな、っていうくらいお上手で。すばらしいです!」と言われると、片岡は「ハードル上げるのはやめようよ~」とたじたじ。

内は先日まで出演していた舞台「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」では、最年長だったが本作では若手メンバー。「今年はふり幅がすごくて。色んな現場を経験させていただいて幸せです」と晴れやかな表情を浮かべる内に、宮本は「内君すごくいいですよ。演技も歌も才能がある。でも今回は内君が今までやったことがない役なので、これは絶対観てほしい!」と期待を寄せていた。

 ブロードウェイ発!抱腹絶倒の超ドタバタコメディ・ミュージカル「コメディ・トゥナイト!ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》」は3月4日(土)~28日(火)まで新橋演舞場、4月2日(日)~25日(火)まで大阪松竹座にて上演される。

公式HP:http://comedy-tonight.com/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える