• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『朝まで生テレビ』厳選の“神回”を再放送 AbemaTVで5・3から3日連続放送

『朝まで生テレビ』 無料インターネットテレビ局・AbemaTV(アベマティーヴィー)の「AbemaNewsチャンネル」で、テレビ朝日の討論番組『朝まで生テレビ!』で過去に大反響を呼んだ激論を厳選し、5月3日(水)~5月5日(金)の3日連続で放送することが決定した。

 1987年4月に開始され、今年で放送30周年を迎える『朝まで生テレビ!』。田原総一朗が司会を務め、毎回さまざまなテーマに沿ったパネリストを招いて徹底的に日本、日本人について激論を交わす討論番組。

 厳選された「神回」の放送初日となる5月3日(水)は、「角栄政治は終わったのか」と題し、1987年7月放送当時の現役議員や角栄氏の元秘書、野坂昭如や大島渚らの論客が「角栄政治」について激論を繰り広げる。昨今、関連書籍が数多く出版されるなど、新たな“角栄ブーム”を迎えている今、必見の再放送だろう。

 2日目の5月4日(木)は、日米開戦から50年の節目となる1991年11月に放送された「徹底討論!太平洋戦争と極東軍事裁判」を。日本にとっての太平洋戦争という重大なテーマについて姜尚中、田岡俊次、舛添要一ら「朝生」でおなじみの論客たちが大激論。さらに観覧席からの乱入ハプニングもあり、白熱バトルが繰り広げられる。

 最終日の5月5日(金)は、1995年11月に放送された「激論!沖縄の怒りと日米安保」を。20年前の激論が、普天間基地の辺野古移設問題で国と県の対立が深刻化する今の私たちに問いかけるものは何か。当時、米兵による少女暴行事件を受け、沖縄県民の反基地感情が爆発する中、番組は沖縄からの中継で、その怒りを東京へ伝えながらの議論となった。高野孟、西部邁、ケント・ギルバートらが基地問題をめぐる激しい論戦を繰り広げる。

AbemaTV
「朝まで生テレビ!」激論もう一度<角栄政治は終わったのか>(1987年7月放送)
放送日時:5月3日(水)午後3時~夜7時
放送チャンネル:AbemaNews

放送URL:https://abema.tv/channels/abema-news/slots/986Xfbe4yioCR5

出演者:田原総一朗、渡辺宜嗣、美里美寿々、早坂茂三、福岡政行、野坂昭如、石井一、山下元利、渡部昇一、グレゴリー・クラーク、戸塚進也、大島渚、広瀬道貞、斎藤博、斉藤隆景、蜷川真夫、小沢遼子、室伏哲郎、吉岡忍、塩田丸男、須藤甚一郎

「朝まで生テレビ!」激論もう一度<太平洋戦争と極東軍事裁判>(1991年11月放送)
放送日時:2017年5月4日(木)午後2時~夜7時
放送チャンネル:AbemaNews

放送URL:
https://abema.tv/channels/abema-news/slots/9BMXQaZR8i99Cs(午後2時~3時)
https://abema.tv/channels/abema-news/slots/9e7Ma2cYw9caZd(午後3時~夜6時)
https://abema.tv/channels/abema-news/slots/9JUxWXXL9BCbzw(夜6時~7時)

出演者:田原総一朗、渡辺宜嗣、美里美寿々、松浦晃一郎、浅井基文、小山仁志、上田耕一郎、オーティス・ケーリ、ヴァルド・H・ヴィリエルモ、姜尚中、張煥利、高野孟、土門周平、西部邁、大原康男、安藤仁介、田岡俊次
舛添要一、小沢遼子、上坂冬子、塩田丸男

「朝まで生テレビ!」激論もう一度<沖縄の怒りと日米安保>(1995年11月放送)
放送日時:2017年5月5日(金)午後2時~夜5時30分
放送チャンネル:AbemaNews

放送URL:https://abema.tv/channels/abema-news/slots/9e7MacsxZDJ61d

出演者:田原総一朗、渡辺宜嗣、宮崎緑、大島渚、小沢遼子、姜尚中、ケント・ギルバート、志方俊之、鈴木宗男
田岡俊次、高野孟、西部邁、舛添要一、金城英男、玉城義和、知花昌一、宮里千里

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真