• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

水谷豊主演『相棒』10月からシーズン16!反町隆史とコンビ3年目へ

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 水谷豊主演のテレビ朝日系人気ドラマ『相棒』の新シリーズとなる『season16』(10月スタート(水)後9・00 2クール)が放送されることが決定した。相棒役の反町隆史も続投する。

 2000年にスタートした国民的刑事ドラマの季節が今年もやって来る。水谷演じる警視庁特命係の刑事・杉下右京の相棒は、初代・亀山薫(寺脇康文)、2代目・神戸尊(及川光博)、3代目・甲斐享(成宮寛貴)と続き、反町演じる法務省のキャリア官僚・冠城亘が4代目として『season14』から加入。『season15』では正式に特命係の一員となり、右京と共に難事件を解決して理解を深め合ったが、一方でそれぞれの正義が摩擦を起こす場面も描かれた。3年目を迎えた2人に待ち受けるのはさらなる調和か、それとも対立か。2人の関係性の行方に注目が集まる。

 2人は8月上旬にクランクイン。水谷は「まさか『season16』を迎える日が来るとは、想像もしていませんでした。人生は何があるか分からないですね」と感慨深げで、「『season16』では、相棒が“新しい世界”に突入する予感があります。右京と亘のコンビも3年目になり、2人だからこその空気が自然に生まれてくると思いますし、『season15』で描かれたぶつかり合い、考えの違いも出てくるでしょうから、そのあたりも楽しみです」とコメント。

 そんな水谷に反町は「16年という長い歳月、水谷さんが『相棒』を続けてこられたことは、俳優として本当に尊敬しますし、そのご苦労も感じます」と敬意を表し、「僕自身、3年ではありますが同じ役を演じるのは初めてになりますので、このなかなかさせてもらえない経験を、水谷さんに必死についていきながら頑張っていきたいと思います」と意気込んでいる。

 放送に先駆けて、8月11日(金)からは『相棒』のテレビシリーズでは初の試みとなる「特別PR映像」を番組ホームページやYoutubeで公開。クランクイン間もない現場の撮影風景や水谷&反町の独占インタビューを含めた、『season16』の今後の展開を占う映像になっている。

番組ホームページ:http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える