• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『ニドナツ』村上虹郎、吉田円佳、加藤玲奈、山田裕貴がライブハウスで生演奏「一瞬一瞬が楽しかった!」

『二度めの夏、二度と会えない君』 赤城大空の同名小説を実写映画化した『二度めの夏、二度と会えない君』の公開を記念した「ニドナツバンド選手権2017」のファイナル大会が行われ、村上虹郎、吉田円佳、加藤玲奈、山田裕貴が劇中に登場するバンド“Primember”として生演奏を披露した。

 今回、タンバリン担当でバンドに新加入した加藤は「撮影の時にうらやましいなって心から思っていたので、今回一緒に歌える機会をいただけて、ありがたいです」と。加藤の参加を村上は「ウェルカムです!」と歓迎したが、「現場では加藤さんが演奏できないから、思う存分嫉妬させてやろうと僕らは楽しんでいたので(笑)」と明かした。

 また、ボーカルの吉田が「ツインボーカルとかやれたら楽しいですよね!ステージ歩き回りながら歌いたいです」とふると、加藤は「歌に自信ないんですけど、薄~く声出してかぶせるぐらいなら…(笑)」と返し、笑いを誘った。ベース初挑戦の山田は「ライブハウスで演奏できる日が来ると思っていなかったので、すごく楽しみでワクワク半面緊張しています、でも僕には心強い仲間がいるので!」と意気込んだ。

 撮影を振り返って山田は「撮影中は和気あいあいとしているんですけど、ご飯の時は一言もしゃべらなくてシーンとなるんですよ。みんなそんなご飯大好きみたいな(笑)」と語ると、吉田が「みんな黙っているから山田さんが頑張って話するんですけど、シーン…とすべってしまう(笑)」と山田のすべりキャラを暴露。

 今回演技初挑戦となったガールズバンド「たんこぶちん」のボーカル&ギターの吉田に対して、村上は「演技初挑戦とは感じられなかったです、すごくやりやすかったです!」と、山田は「吉田さんのピュアさがキャラクターに投影されていて、素晴らしかったです」と褒め称えた。

 演奏を終えて吉田は「撮影が終わって凄く寂しかったんですけど、またやりたいなって思っていたので、今回ここだけにしかない時間、一瞬一瞬が楽しかったです!」とニッコリ。山田は「人生初ライブで、ベーシストデビュー。この仲間で良かったです」と興奮気味に語った。

 最後に、これから本選に挑む高校生たちに対して村上は「決勝戦だから、皆緊張しているように見えるんですが、堂々と輝いてもらえれば!僕らも、皆も楽しいし、頑張ってください!」とエールを送った。

<ストーリー>
「バンド組もう!」高校3年の夏の始めに、彼女は言った。智が通う北高に転校してきた燐は、文化祭でライブをするという夢をかなえるためにやってきた。彼女の夢をかなえるため、メンバーと共に奮闘し、文化祭ライブは成功を収める。そして、夏の終わりに、智は燐に自分の想いを伝える。だがそれは取り返しのつかない言葉として刻まれ、2人を引き裂いてしまう。なぜ、あんなことを言ってしまったのだろう。もしもやり直せるのなら──。そう思ったある日、半年前にタイムリープした。今度は絶対に燐に“告白しない”と心に決めた智。しかし、二度めの夏は一度めと何か違っていた。果たしてライブは成功するのか、二度めの夏はどんな結末を迎えるのか──。

『二度めの夏、二度と会えない君』
9月1日(金)新宿バルト9他全国ロードショー

原作:赤城大空「二度めの夏、二度と会えない君」(小学館「ガガガ文庫」刊/ガガガ文庫10周年企画)
脚本:長谷川康夫
監督:中西健二
出演:村上虹郎、吉田円佳、加藤玲奈、金城茉奈、山田裕貴/本上まなみ/菊池亜希子
配給:キノフィルムズ/木下グループ

公式サイト:http://nido-natsu.com
公式Twitter:@nidonatsu#ニドナツ

©赤城大空・小学館/ 『二度めの夏、二度と会えない君』パートナーズ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える