• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

乃木坂46・新成人メンバー6名が振袖姿を披露!

乃木坂46成人式 乃木坂46の新成人メンバーが、グループと縁の深い東京・乃木神社で成人式を行った。

 2018年の新成人メンバーは、1期生の川後陽菜、樋口日奈、星野みなみ、2期生の相楽伊織、山崎怜奈、3期生の佐藤楓の6名。神主と共に鳥居をくぐると、そこにいたのは神社に駆けつけた多数のファンたち。たくさんの「おめでとう!」の声に、笑顔で手を振りながら石畳を歩いた。本殿にて祈祷を済ませると、全員ほっとした表情に。乃木會館で囲み取材に臨んだ。

 新成人の心境については「乃木坂46のメンバーになって7年目なんですけど、親から“絶対に成人式はテレビで見たいから(グループを)辞めないでくれ”って言われてたんです(笑)。今日この日が迎えられてすごくうれしいです」(川後)、「私たち1期生は13歳から入って、こうして20歳を一緒に迎えられることがすごく不思議だし、家族みたいに一緒に歩んできた仲間なのでうれしいです」(樋口)、「13歳のころに乃木坂46に入ったので、20歳をファンの方々にお祝いしていただけるのが不思議な気分です。しかも乃木神社という毎年メンバーみんなが成人式をしているところでできたのがうれしかったです」(星野)、「20歳になって気持ちが新たにすっきりした中で、こうしてみんなで成人式を迎えられたのがすごくうれしいです」(相楽)、「両親も楽しみにしていたので、乃木坂46のメンバーとして晴れ着姿を見せられているのがすごくうれしいです」(山崎)、「乃木神社で成人式…というのをテレビで毎年見ていました。私自身がここで成人式できているのが夢のようで、とてもうれしいです」(佐藤)とそれぞれ喜びを口にした。

 また、昨年出版された白石麻衣の写真集が大ヒットを記録しているということで、写真集についてのコメントを求められた星野は「私も出したいです」と言及。記者からの「今世紀最大の売り上げを目指す?」という質問には「無理です!(笑)」と即答しながらも、「白石越えということで決意もらっていいですか?」と畳みかけられると「…じゃあ白石越えで(笑)。せっかく20歳になったので、新しい魅力が出せるように頑張ります」と意気込みを語った。

 さらに「この6人を“○○世代”と名づけるなら?」の問いにも、星野は記者たちから誘導されるように「…“次世代白石越え世代”?」とポツリ。最後は「怒られちゃう! ごめん、まいやん…」と恐縮しながら会場を後にした。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える