• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

矢口真里、アイドルのJカップバストに大興奮「これは男子の夢だね」

『矢口真里の火曜The NIGHT』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『矢口真里の火曜The NIGHT』が3月6日に生放送された。

 3月6日は、実業家の堀江貴文がプロデュースを手掛けたアイドルグループ・九尾狐-QPICCO-の結城ちか、吉沢朱音、渡邉樹莉が登場。昨年の12月にデビューをしたばかりで、今回が初のバラエティ出演という3人はかなり緊張している様子で自己紹介を行った。

 “ホリエモンプロデュース!貴方の心を惑わすイリュージョンアイドル”という九尾狐-QPICCO-のコンセプトについて、矢口が「1行目から強いね!ホリエモンさんってアイドルのプロデュース初でしょ?」と聞くと、メンバーはオーディションの際に、審査員として堀江と元・モーニング娘。の加護亜依がいたことを説明。これを聞いた矢口は「え!あいぼん!?」と突然の加護の名前にびっくり。「あいぼんが(メンバーを)選んだの!?審査の時にあいぼんに何か言われた?」とさらに質問すると、Jカップのリーダー・結城は「『ちょっといい?』みたいな感じでめっちゃ胸をもまれました(笑)」と答え、笑いを誘った。

 番組放送中には堀江からの“チクリメール”が到着。メールには「リーダーの結城は以前、地上波の番組で矢口さんと共演したことがあるらしい。その時既に“ビットコイン”を保有していたらしいので1年以上前だからそこそこ儲けているはず」と書かれており、内容を読み上げた矢口は「さすがですね~!ホリエモンさんのチクリメールすごい!」と大爆笑。

 矢口があらためて「ビットコインは1年前からやっておりますか?」と質問すると、結城は3年前、17歳の頃に当時のマネージャーの勧めで3000円分だけ購入したことを明かし、「もともと儲け目的ではなくて興味本位で買った」と語った。そんな結城に「一番すごかった時はいくらになった?」という質問に、結城が「3倍の9000円くらい…」と答えると、矢口と元巨匠の岡野陽一は「いや、もっとあるはず」と疑い、何とか聞き出そうとしたが結城は答えず失敗に終わった。

 番組の後半では、結城が“下乳でフライパンを挟む”という特技を披露。フライパン2個、小さな鍋、フライ返しなどを全て下乳で挟む結城の姿にスタジオは大盛り上がり。「ちょっと触っていい?」と立ち上がり、結城のJカップに触れた矢口も「すごい柔らかい!おもち!これは男子の夢だね」と興奮した様子で語った。

 その他、番組では九尾狐-QPICCO-のメンバーが華麗なマジックを披露したほか、メンバーがマル秘トークを繰り広げた。

 4月3日(火)の放送で100回目を迎える同番組では、“アイドル”ד熱量”をテーマにした特別企画“100回記念アイドル熱量総選挙”を実施。この企画では、番組の視聴者、またはアイドルファンがおススメする矢口や岡野がまだ知らない“アイドル”をメールで募集。番組に届いたメールの内容をスタッフが確認し、その中でも特にアイドルに対しての“熱量”を感じた順番でアイドルランキングを作成。ランキング上位に選ばれたアイドルには番組に出演するチャンスも。“熱量”の伝え方は自由となっており、推薦メールの数や、長文で思いを伝えるなどさまざまな方法で応募が可能。また、アイドル本人からの自薦メールも募集する。

AbemaTV『矢口真里の火曜The NIGHT』
放送日時:毎週火曜 深1時~3時(生放送)
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

過去放送回:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/8WzPw92NEwYvBq?autoplay=true

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える